アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【不登校】不登校の現状とあなここの指針

恐らく、このブログを読んで下さる方は、
「なんでうちの子が不登校になっちゃったの?どうすればいいの?」
という方が大半だろうと思います。

不登校の情報は、今やあふれるほどありますが、
長年、不登校に関わってきて時代の変化を感じています。
昨今の流れとして、表面だけを整える
あるいは、方法論、理論が中心であることが伺えます。

しかし、不登校の人数は数年前は13万人と言われ、今や16万人とも言われています。
クラスに2~3人は不登校が発生している換算です。
また、方法論の普及や指導教室・フリースクール等の配置によって、
かすかですが16万から減少しつつあるようです。

その反対に引きこもり人口が2007年のデータで推定180万人。
2010年のデータでその2倍の360万人とも言われます。
もちろん、データに上がらない引きこもり数を考えると
もっと倍増するのではないかと感じます。

もしかしたら、不登校から復学(?)したのち、
社会に出て、再度とん挫している可能性が多いのかもしれない事も想像できますし
または、学校はとりあえず出たものの、自立できない子どもたちが
増えていることを示すのかもしれませんね。

また、不登校16万といえど、子どもの数が減少していることを思えば
むしろ増えているか横ばい状態が続いているのではないかと考えられます。

恐らく、小手先のやり方で、一旦復帰したように見えて
子どもたち自身の「自力」がつくまで至らないのが現状ではないかと
そんな気がします。


不登校、引きこもりの現状を考えると
今の方法、やり方では、何かが、おかしいのではないか?と
そんな気がしています。
誰も、不登校の根本にあるものを分かっていないのではないのか・・・


私の息子もかつて不登校でしたが
母親としての私の変化、
今の仕事を一番近くで見て、私がどういう事をしているのかを
じっと見ている感じを受けます。

1年前ほどでしたけど、息子が私に言った言葉があります。


「お母さんたち(私ときんたろうさん)のやってる事って

 時代のすごく先を行っている気がする。
 
 同時に、人間が元々持っていたはずの 失ったものを取り戻そうとしているように見える。

 だから、あなここのセッションは、一番新しくて、一番原始的なんだと思う」


その言葉を聞いた時に、鳥肌がたちました。
20歳やそこらの子どもが、セッションの方向性を
感じているということにびっくりでした。
「なんで分かったん!?」思わず息子にそう聞いた私がいました。


あなここのセッションは、カウンセリングとは違う面をもちながら

クライエントが持っている可能性を最大限生かし、

枠を広げていこうとするものです。

その中で、クライエント自身が、自然と人間らしい暖かさを身につけ

さらに身近な人に、暖かさのバトンを伝えていくことができるようになること・・・

その連鎖が起こった時に、「私も幸せ、あなたも幸せ」「私もOK あなたもOK」という

人と人の絆が深められ、笑顔の輪が広がること

そのプロセスの中で、子どもたちの問題、家族の問題が自然に解決していく

そんなセッションです。


もちろん、私たち自身も10年、20年先の時代を先取りしたセッションだという自覚があります。

方法論にどっぷりつかってしまった新規のクライエントさんの思考の転換を図るのに、

みっちりやって半年かかります^^;

それくらい、方法論が根強く浸透しているということを示します。

そして、今の時代的にも、方法論が優勢であることを示します。


今後、先取りした10年、20年をいかに短縮していくか、

これからの課題であると思っています。



傾聴だけのカウンセラーなら、山ほどいます。

恐らく、聞いて欲しいだけの方には不向きでしょう。

困っていない人にも不向きでしょう。


私の不登校経験の華々しい?経験やカウンセラーとしての知識を

押し付ける気もありません。

私の経験と皆さんの経験は違うので、セッションとは別の話です。



しかし、どちらにしても痛みのない成長は、どこにもありません。

本を読んで、「なるほど~!」と知識を知ったからといって、

それを実践できるかというと、そんなことは無いのと同じです。


だから、あなここでは、徹底的に聞いていきます。

笑いあり、涙あり、怒りあり、様々なドラマをクライエント様と共に感じ

私たちも、また同じイメージングの中で深く疑似体験していきます。


「私は、あなたの本当の気持ちを知りたいのです」

表面で誤魔化し続けた人生ではなく、自分が何者なのか分からない人生でなく

空虚な人生から自分の人生を生きたい、それを子どもたちに伝えたい

必死でそう願っている人があなここを訪ねてきます。

そして、少しでも 心から本当の自分を取り戻して欲しいと

今日も、最先端でありながら^^;全力で活動しています。


珍しくおまけがあります。

あなここ秘話です。興味がある方は、どうぞ左下の >>「Read more」のリンクをポチっとね。


【おまけ】

きんたろうさんとブログで出会ったのは、2006年の春でした。
きんたろうさんの文章を読んで、
「この人はすごいな・・・なぜ心が読めるのだろう」
第一印象はそうでした。
文章にぐっと引きつけられ、ひとつひとつを食い入るように読んだものでした。

そして、数か月後、はじめてBBSにコメントした言葉が
「リンクをください」でした。
それが、きんたろうさんとの始めての接点でした。

あれから、途絶え途絶えに、ブログでのやりとり、メールでのやりとりが始まり、
そのやりとりは、実に緊張感に包まれたものでした。
(いや、私が緊迫感を出していただけだったんですけどね^^;)

きんたろうさんのブログ、怖かったですよ。
いつも、ぐっさりと痛いとこ突いてくる文章だったので
戦闘態勢で訪問していました。どんだけ・・・(・_・;)

それでも長い間、関わって下さったことは、呆れるほど
ありがたい事でした。

3年前から文字チャットから始まり、電話で話すようになり
きんたろうさんから、カウンセリングマインドを自然に学んでいきました。

一致することの驚き、心地よさ、
「分かった!」「そうだったのか!」という深い感動、喜びを、
何度も何度も体験しました。
長年抱えていた謎が、どんどん明らかにされる感覚に
「魂が泣いて小躍りしている」感じでした。

反対に認めたくなくて、悔し泣きしたことも何度もありました。

それでもどんな時でも、揺らがない感覚が伝わってくるのですね。
自分を深く理解しながら、人も理解しようとする姿勢。
間違っていることは、間違っていると一貫した態度。
軸が動かない感覚を、体験的に、きんたろうさんから学んでいった時期でした。

そうして、その感覚を子どもたちにも生活の中で自然と伝えていった気がします。

当時、話を始めた頃、たまたまカウンセラーの資格を取っている最中だった私には
カウンセリングマインドを体験的に教えてもらう絶好のチャンスになりました。
本当にラッキーだったと思います。

それから数カ月後・・・

このスキルを誰かに伝えたい!!という欲求が私の中にどうしようもなく湧きあがってきました。
(もとが、どうしようもなくおせっかいなのです^^;)

コミュニティ「あなたの心をまもりたい」を2人で立ち上げ、
ボランティア時代への突入です。

これが、今のあなここの前身となりました。

実は、みなさんが、不可思議に思っていることの1つだろうと思いますが
あなここの運営は名義上は私ですが、
セッションは、きんたろうさんを司令塔として共同で行っています。
といっても、いつも「ノー」と言うことのない変な司令塔です。
(「こういうのしたいんだけど~」と提案すると
「おお、やろ~やろ~」ってな感じで、実に軽快です)
でも、セッションの振り返りは、たまに厳しいですよΣ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!
なんてね^^;
私自身のセッションもスキルアップを常にしていかなくてはならないので
バイザーとしても頑張ってもらっています。

学びに終わりはないのです。

話それましたが、
きんたろうさんの理論は10年前からも今も、何1つ変わっていません。
そして、事実だけがそこにあります。
空想や妄想は何もありません。
ブログを読めばそのことが、よく分かります。

対話を始めた頃、ヒットしたキーワードが出てきたら、
きんたろうさんのブログの中からを、キーワードを検索して
関連記事を何度も読み返してみる・・・
そんなことをずっと続けていたので、読むたびに、
全てを網羅する理論の深さには驚かされていました。

今でもやりますよ^^

コメントもしっかり読みます~。

こんなブログの読み方もあるんです^^
学んだことを倍にする方法です。チャンスは自分で2倍、3倍にするものです。


この軸は、一度得ると人生を支える一生の宝になると私は思うのです。

私も伝えられた1人として、この軸と最先端のセッションを

誰かに伝えていきたいと思うのです。

あなここの指針とともに、ちょっと、秘話?を書きたくなって書いてみました。

あなここ秘話になったのかどうなのかよく分かりませんが(笑)

長い文章を読んで下さって、ありがとう^^

書いていて、楽しかったですO(≧▽≦)O♪

りんりん
関連記事
ぽちっと押してね!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

| 不登校とAC | 16:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>