アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【不登校】子どもの気持ち

あなここでは、不登校のお母さん方、ACの大人の方との

スカイプ相談が9割なのですが

これまで、なりゆき上、子どもさんと直接関わることもありました。

知り合いを通じて関わるようになったYちゃん。

出会った頃、不登校初期の頃でした。

寂しげで、うつむいて、人と目を合わせられない・・・

そんな状態でした。

時々、ピグでおしゃべりしたり、ヘルプのメールが来たら

文字チャットでお話したりしていました。

そして、ピグでお友達をどんどん作っていってるのが

手に取るようにわかりました。

ピグ部屋を訪問すると、いつも誰かとおしゃべりしていました。

活発に動いているのが感じられました。

それと連動するように、私の出番は激減していきました。

Yちゃんと私が話している時に

たまたま、ピグに入っていたメンバーさんに、

Yちゃんの苦しかった時の気持ちを話してもらいました。

不登校をする子どもの気持ちと、不登校の親の気持ちのズレを

感じて欲しかったのです。

Yちゃんも、自分のお母さんに言えなかった気持ちを

ぽつぽつと語ってくれました。


そして、新しい学校を受けなおし合格し

今年の4月から学校に通い出し、バイトを始めました。

メールの文章からも、生き生き感が伝わってきました。

それっきり、私たちのつながりは無くなってしまいましたが

リアル充実してくれるYちゃんのこと

いつも、心で応援しています。


最近、あなここセッションでも、

子どもさんと話すことも増えてきました。

子どもたちと話す時は、私ときんたろうさんの二人参加で行います。


子どもたちは、決して多くは語りません。

出来れば言いたくない・・・


「別にどうも思わない」

「わからない」

「ふつう~」


こんな言葉の連発です。

が、その言葉の中に

「言えないんだ。察して欲しい」という親を守る気持ちを感じます。




とても。。。切ないんです。。


でも・・・短い言葉のちょっとした雰囲気から

今まで、がまん強く抑え込んできた

悲しみ、怒り、あきらめ、辛さが、こぼれてくるのも感じます。




誰にも言えなかった気持ち


守ってきた気持ち


伝わらない想い


言葉にならない悲しみ


ただただ、伝わってくる感情に、切なくて切なくて

表面は互いに笑いながらも、泣けてきます。



「待ってて」

かつて、Yちゃんが苦しかった頃、そう伝えたことがあります。

Yちゃんは、待ちながらも自分でも頑張ってくれました。

親ごさんも、頑張ってくれたと思います。



同じ言葉を、子どもたちに伝えたい衝動にかられます。

それは、私の思い、私の子どもたちへの思い。

そして、相棒のきんたろうさんの思い。


待っててくれるか?


この問いに、

スカイプの向こうで、かすかにうなずく気配を感じる時

子どもたちの待ち続けているピュアな姿に心を打ち抜かれます。




もし、できるのなら


自分のできる範囲でいい


伝えて


誰かに伝えて欲しい


もらった愛情を・・・


命の言葉を・・・自分以外の誰かに渡して欲しい



そんな人が1人でも、2人でも増えていくことが

私たちのセッションの目標です。
関連記事

| 不登校 | 14:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>