アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

京都オフ会にむけて~もやもやの処理の仕方~

①まず、自分のもやもや、いじけた気持ちに気が付こう

②もやもや、いじけた気持ちに気が付いたら言葉にして言う練習をしよう

③もやもや&いじけた気持ちの前に、自分が逃している本当の感情を探し出そう

(ここをすっ飛ばしてしまってる場合が90%)

霊・・・いや違った、例:悲しい、怖い、さびしい、がっかり、悔しい・・・など



③次に、この感情の出所は相手の問題か、自分の問題かに分別してみよう

(↑↑ここ、大事ね!)

④もし、自分の感情であれば、自分を納得させるために
 信頼する人に「私は、○○と感じたんだ」と私メッセージで聞いてもらおう
  
ポイント:穏やかな口調で落ち着いて話そう

(訴えと、自分の感情を話すということは違います)

訴えの系の愚痴・吐き出しは、恨みを増すだけです。

感情を話す愚痴・吐き出しは、気持ちが納得してすっきりします。



⑤聞いてくれてありがとうという気持ちで伝えよう


⑥相手の問題だと思ったら?

もし、相手の問題であっても、相手は何ら問題と感じていない場合、

2つの手段があります。

お互いに伝えられる関係であれば、信頼して素直に打ち明けてみよう。

しかし、関係性ができていなかったら、残念ながら相手が気づくまで待つしかありません。
(相手の位置を知るということですね)

それでも、こだわる自分がいたら

それは、その時点から、執着をしている自分の問題になります。


⑦伝えられた時のマナー

誠意を持って伝えられた感情を一旦、しっかりハートで受け止めよう

受け止められる力は、人を見る力と比例します

*不登校のお子様が、親に対して激しい訴えをする時、
冷静に話を聞く姿勢を作っていく、訓練になります。
「言われた、された」と受け止めずに
しっかりと、相手の心の声を聞く練習ですね。


すべてが、自分のエクササイズ。

自分が引っ掛かっている気持ちは、自分の問題として取り組んで行きましょう。

みんなで作る「京都オフ会」になるよう、

1人1人が体験していくことが、自分の経験になり成長になると思うよ^^

(オフ会バックアップ担当者より)
関連記事

| 雑記 | 22:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>