アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

癒やしって何だろう~スピリチュアルの功罪

毎日暑いですね(^。^;)

今日は大層な題名に挑戦してみました

たぶん、私が今よりずっと若かった頃に流行した
癒やしっていうのは、
ぱっ と気分が明るくなって人生バラ色に即なれる

まるで、即身成仏みたいな(使い方間違ってるかも?)ものが、癒やしだと思われていました。

それで、癒されなかった人たちは、また苦しむことになり、
また新たな癒やしを求め続けるという、無限ループにはまっていったものでした。

癒やし、というものは
ほんとの感情を感じることを恐れない状態で
自然に生じてくるものだと
私は思います。

苦しいね、悲しいね、辛いね、さびしいね
うれしいね、やったね、やっほー、
ムカつくね~、腹がたつね~

などの多種多様の感情たちを封じ込め、置き去りにしたままで
癒やしは起こらない

気のせいなら起こるかもしれません

一時期、この癒やしという言葉が、大好きで、癒やしを求めてさ迷ってきた時期がありましたが
ある時から大嫌いになるほど
「ふざけんな~なんも良いことない~」と、嫌悪していた時期もありました

極端から極端へ向かうのが
ACのサガというものなので

言葉には罪はありません

使い方が間違ってたと、今は思います

癒やしをくれくれって、そういう幻みたいなものを誰よりも装備装着してみたかったんですが(^_^;)

癒やしとは、誰かから貰うものてはなくて

感情を感じて(結構苦しい)
もだえながら、感じ尽くした後に
ふっと、感じるものが見つかる時

そうか、
私は苦しかったんだ
怒ってたんだ
悲しかったんだ
泣きたくてしょうがなかったんだ

そんな本当の感情が、湧き出て
当時の感情を感じ尽くした時

そのときの自分がとても愛おしくなる瞬間があります。

産みの苦しみみたいなものです。

もしかしたらそれが癒やしなのではないかなと思ったりします

自分で一度体験したことは、
自分の中で、回路ができてきます

現在、自分がうまくいってないと感じる事柄は、案外と
昔、置き去りにして抑圧された気持ちが、ひとつのきっかけとなり、相手のことば、たいど、顔色で
ぶわっと、湧き出てきてしまうのかもしれないと感じます

その時が、感情解放及び癒やしの回路を作るチャンスかもしれません

一回やれたから、次もうまくいくとは限りません

何度も試行錯誤して最良の回路を見つけ出す

そんなお手伝いを、私たちはやっていますが

でも、誰がやってくれるってものではありません

本人がやらなければならない
本人の問題です

癒やしって、一般的に考えられている、ただ優しくて
包み込む
そういうときもまた必要でしょう
骨休みも必要だね(*^_^*)

だけど、骨休みし過ぎたら
体が忘れてしまうっていうのもあったり(^_^;)
加減が難しいところです

どちらにしても
自分で痛みを引き受ける自力なしには、癒やしには行き着かないのではないかと思うのです。

それを手助けしてくれたのが
私の場合は「書く」という作業でした。

書くことは、吐き出すこと

おしゃべり好きには、
レコーダーもいいかと思います

そして、読み返す、聞いてみる

それもまた、ひとつの自力になると思います。

癒やしは、突然に偶然に降ってきたり湧いてきたり、やってこないのです

それだけは、真実です

関連記事

| AC | 16:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>