アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ACの子育て③~9年前から6年前の現状~

~6年前の現状を振り返る~

さて、前回の続きです。

今から9年くらい前・・・

不登校になった息子をどうにかしたいと思い

あちこちの病院をめぐりました。

3ヶ月ほどの入院をしたこともありました。

目に見える自傷も酷かった時期でした。

娘は、ただ淡々と私たちを見ていました。
(この娘自身こそ孤独の真っ只中にいたことを当時の私には
気づく許容量もありませんでした)

私自身も、あちこちの掲示板や親の会などに参加していましたが
さっぱり手ごたえを感じず・・・

ただ、同じ仲間がいるということを
ネットで知ることで、私はほっとしていた気がします。
その中で、インナーチャイルドの癒しをやってみたりしているうちに
なんだか、今まで抱えていた不満足が満たされてきたように感じていました。
(これ、宗教のときと同じ感覚でした)
ただ、宗教的な枠がかなり緩いことが、違うだけでしたが・・・
それでもインナーチャイルドの過去回想を曲がりなりにも
数人でチームを組んでやれたことは楽しい思い出です。

私の親の呪縛の上にかけられた、強烈な宗教的思想が少し緩んできたこともあり
そうこうしているうちに息子は通信制の高校へ
自傷行為も次第に収まり
一見、普通に見えはじめました。

娘もそこそこ、部活や学校生活になじんでいるような様子でした。←あくまで願望(汗

この時点で、カウンセラーになりたいという夢がうっすらと湧き出てきたころでした
ちょうど、今から7年前のことでした。

その軍資金をためるために、パートに出るということをし始めました。
もうひとつ、パートに出るということは、社会でどれくらい現在の自分が通用するのか
それを確かめたかったのです。
この2本柱を目的とした、パートでした。

この目的は、達成されました。
パート仲間との交流で「社会で通用する」ということを体感した私は
ブログでも、かなり発信するということを意識して書いていました。

しかし・・・かといって、具体的に表現できるものが少なく
伝えられるものの少なさを痛感もしていました。
もうブログやめようか・・・

子どもたちも落ち着いてきたことだし←実際はそうでなかった
いやいや、自分の経験を発信してきたい・・・

でも、私も楽になったことだし、子どもも酷い状態から脱したことだし
もう、いいんでないか??
不登校は、終わったのではないか?
そんなことも感じていました。

その迷いの中
大きなターニングポイントがありました。

きんたろうさんと対話をし始めたことでした。
(「壊れた心を取り戻す」http://kokotiyoku.blog19.fc2.com/


関連記事

| ACの子育て | 17:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>