アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【AC】あなたはあなたのために生きて

私は 私のために生き あなたはあなたのために生きる


私はあなたの期待に応えて行動するために存在するのではない


もし、ご縁があって、私たちが親密になれたなら、それは素晴らしいこと


しかし、そうなれなくても、それもまた、素晴らしいこと



(ゲシュタルトの祈りより)by フレデリック・パール



ずっと以前、「歩いていこう」の方でご紹介していますが、

また、違う観点で、読み解いてみたいと思います。



●「私は私のために生き」


健全な人たちは、人と自分の心地よい距離と感覚を知っています。
誰かのために自分を犠牲にしたり、無理に我慢したりはしません。


●「あなたはあなたのために生きる」

セッションの中で、「あなたが変わらなくても、私は困らない」という言葉を
聞かれたことがあるかと思います。
ある種の方々には、これは、ひどく、突き放された感覚に陥るようです。
が、自分の人生を選択し、決断していくのは自分しかいません。

もし、突き放されていると感じたら、それは
あなたが、自分の人生を誰かに決めてほしい、
あるいは、だれかにすがりつこうとし、相手を巻き込む思考が強いことを示します。



●「私はあなたの期待に応えて行動するために存在するのではない」


*ある種の人たち同士は、たとえば「大好き」と言われた瞬間、その言葉によって
相手を身動きさせない呪縛が発動することがあります。

言われた相手は「大好き」を裏切ったらいけないという無意識の呪縛にからめとられ
相手の好む通りの自分でいなければならないと思い違いをしてしまいます。

「大好き」の中に、「私を裏切らないでね」「私の気に入らない事を言わないでね」という
しおりが入れられるのですね。
過度な褒め言葉には、取り込み作用がありますので、要注意です(* _ω_)

それは、お互いに自由な関係ではありませんね。
互いに窮屈で、風通しの悪い関係になっていきます。
恋人関係や、友達関係、親子でも、よくみられることです。

ある種の人々は、一方的な「大好き」を裏切られたと、いとも簡単に思うものです。
今度は「裏切られた!」「どうして、私の思う通りにしてくれないの?」
「わかってくれないの!」という「怒り」が発動することでしょう。
究極から、究極へ急激に移動していきます。

あるいは、この移動具合は、裏切られることを前提にして
「大好き」という言葉を発している感じもします。

あらかじめ、「大好き」を伝えることで、
「私を裏切ってごらんなさい」と呼び水をしていることもあります。
そして、お決まりの「裏切られた」→「可哀想な私」の作成に
せっせといそしむということもあります。
だって、人間なんて、自分の思い通りに動いてくれる人なんて
いるわけがないのですから、裏切り者は、出会った人の数だけ
生産されていくのです。すごい事ですね。

ともあれ「大好き」は、互いに、長年積み重ねて構築されていくものですね。

言葉は、愛情を伝えるもの。相手を縛る道具にしたらいけません。



●「もし、ご縁があって、私たちが親密になれたなら、それは素晴らしいこと」

「しかし、そうなれなくても、それもまた、素晴らしいこと」


世の中には、出会いがあふれています。
その中で、どうしても親密になれない場合だって当然あるわけです。
このことを、大いに勘違いされている方が多いような気がします。

「みんな仲良く」「友達100人できるかな」なんてありえない。

誰からも非難されず、誰からも好かれる。
みんな仲良しで、平等だなんて、NHKの教育番組の人形劇くらいでしょうか。

そんな、美しい言葉の洗脳に騙されたらいけません

まず、そのことを、知っておく必要があるでしょう。


1人の親友を作ることが、どんなに大変なことか
1人の信頼する人を作ることが、どれほど、苦難に満ちているか
知っているからこそ
出会った人を大切に出来るのだろうと思います。

ただし、親密の度合いは、ひとりひとり違うんです。
ざっくりと言うと、平等に、100人なんて・・無理です。
違うから人生、面白いんですよ。

親子関係だって、そんなものです。

ある種の人たち=共依存関係者
関連記事

| AC | 02:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://blog.anacoco.jp/tb.php/24-f350ac54

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>