アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

本音で話すことと、自分を大切にすること

本音で話す・・・自分をさらけ出す

とても大切なことだと思います。

特にこれまでの成育歴で、自分の気持ちを抑え込んできた方には

必要なプロセスだろうと思います。



しかし、いつの間にか、自分の周りに誰もいなくなってしまった・・・

そんな経験はないでしょうか?

もし、今までそんな経験をしたならば、

その「本音」の出し方を考えてみたらいいのかもしれません。



本音で話す目的というものが、あると思います。


1.憂さ晴らし、八つ当たり
2・意地悪したい(嫉妬)
3.もっと仲良くなりたいから


などなど・・・


小さな子どもが、「くそばばあ~~」と叫んでも
「おまえの母ちゃんでべそ~」と叫んでも
それは、次の日には、一緒に嬉しそうに遊んでいる親子や子ども社会。


もう少し大きくなったら、本音を言える相手とそうでない相手を区別しながら
自分の気持ちを整理していくことを学んで上手に表現力を付けていくのだろうと思います。

が、すっぽりこの経験が抜けている場合・・・

大人でも体験のやり直しが必要なのかもしれません。

が、大人になってから

「おまえのかあちゃん、でべそ~」と単純に行かないところが

難しいとこです。


私は、本音を話すということの根底には

「私のことを知ってほしい」という欲求があると思うのです。

もっと深い根底には、

「さびしい」という気持ち。


でも「寂しい」って何?それって美味しいの?

いつのまにか、「さびしさ」を忘れてしまった背景があるのだと思います。


「さびしい」のに「さびしい」と言えない、思えない。

これほど、辛いことはないです・・・



本音で話す・・・それは自分を語るってこと。

そして、相手との距離を縮めて、よりよい人間関係になっていきたいと

願う行為。


言った自分の言葉の重さを負う覚悟を知る努力が必要であり、

言われた相手の傷に思いやりを示すことができるように努力することも

また、大切ではないかと思うのです。


この人と、今以上にいい関係を作っていきたい・・・

そう思ったとき、本音はとても大切な言葉として

相手に伝わるでしょう。


関連記事

| AC | 13:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>