アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

AC思考のベースにあるもの

心の防衛1


上の図は、ACさんの基本思考を図にしてみました。


黄色は、社会、他者だと思ってください、


中心は、「私」


何を言いたいかと言いますと


ACさんの生きづらさの根本にあるものを図にしてみたわけですが


「私」さんは、いつも自分だけが、他者から理解されないと考えています。


人と違和感があるのも、傷つけられるのも


人から拒絶されるのも、意地悪なことを人から言われるのも


信号機が赤なのも、渋滞に巻き込まれるのも


トイレに行きたくなるのも


全部、相手(まわり)が「私」の存在を否定している、理解していないという


ベースで生きています。



え、こんな酷いことしてる?って思った方


そんなことは、ない


私は、親からひど~~いことをされた!と思った方 


実は、その極悪非道の親と自分の長年の共同作業で


このベースを作っちゃったんですね。


びっくりして、ぽっくり逝きそうになること、書いてますが( ̄∩ ̄#




この図は、ACの人からみたら、ごくごく自然なのですが、


実は、一般的な方向からみたら、


実に摩訶不思議な世界なんです。


こんな思考ってあるの?ってくらいの落差があります。


んで、理解されない人たちは、訴えたくらいじゃわかってもらえないと


作戦を練ります。



そうだ、病気になろう!


そう無意識に決意して、自分が非常に繊細で悪くないことを証明したりします。


(怒らないでね、私自身の経験からです^^;)



好きで病気になったわけじゃないってお叱りを受けそうなので、


先にとっとと謝っておきます^^;




んで、この絵をじ~っともう一回見てください。


「私」から発しているのは、


自分が被害者であるってことの状態しか無いのです。


相手が悪い、相手が悪い・・・


「あなたと共感できないわ」


「無理」


「あの人があんなことするから、言うから」



この状態、、自分が被害者に一見見えるのですが・・・



実は、ちゃうんです。



自分が、相手とのコミュニケーションを最初から拒絶しているんです




誰も自分のことを分かってくれない(主観的思考)のは、




実は、相手の問題ではなくて、自分の問題なのですね。




拒絶しているのは、自分




それでも、あなたのせいで、私は平静でいられないんですってことも




まれにはあるでしょう。




あの人とは、気が合わないとか、




反対に、迷惑かもしれないとか、私なんかおこがましいなんて




よく表現しますが、










元々に、人に合わせる気がない自分を意識した方がいいかもしれません。







もしかしたら1000人に1人くらいは、極悪非道の人がいるかもしれませんが・・・







【今日のまとめ】




AC的ベースに




「自分が人を拒絶しているんだ」ということを




頭の隅っこにおいてみたら、いいかもしれません。




自分から歩み寄らないと、コミュニケーションは難しいものです^^



これは、子どもとのコミュニケーションも同じことです。




子どもの気持ちに添う、気持ちを理解するということは




「私」が、子どもを拒絶している状態では、子どもの気持ちを分かるということは




非常に難しいことだと感じます。




結局、拒絶するということは、




他者と共感すること自ら閉ざしているということになります。



関連記事

| 不登校とAC | 11:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>