アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

●料金についてのお知らせとセッションについての指針

お久しぶりです。

お知らせを含めた記事になりますので、最後までお付き合いくださいませ<(_ _)>



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


<今後の料金について>


あなここ(あなたの心を守りたいの略)が発足して4年目を迎えました。

発足当時は、1時間1500円からのスタートでした。

なぜにこのように低料金^^;

クライエントの方と話す時間を、

一般のカウンセリングのように「1時間」とばっさり区切ることに意味を感じなかったからです。


1時間で終わるカウンセリングを私自身も経験していますし勉強もしてきました。

表層の問題を解決するには、それでいいのかもしれませんが

現代のACの根深さ、或いは人の心の複雑さに、1回1時間で、

それらが追いつくとは とても思えなかったのです。

(10年やり続けると思えば、それもありでしょうが・・・)


人との対話は、あらゆることを対話し続け、し尽くした果てに、

やっと本音やその人の根深い仕組みが見えてきます。

その時間が、最低月に9時間は必要であると以前から感じていました。

特に最初の半年~1年は、それくらいの密度が必要になります。


また、ACの複雑さと向き合う時、カウンセリング常識の1時間の枠は、

問題を誤魔化したり、長引かせたりすることも多く

長引かせば長引くほど、新しい複雑な仕組みや壁が出来あがり

また新たに作られた壁を崩していく手間は、本人にとっても二度辛いことになります。


他にも・・・不登校でお困りであれば、お母さんも辛いことですが、

その後ろに悲しみに暮れる、怒りに震える子どもたちの存在を意識します。

お母さんたちが自分と向き合う時間が早ければ早いほど

子どもたちは、自分の人生を取り戻せる時間も早くなる。


このようにクライエントさんの苦しみ悩む時間を可能な限り短縮したいという思いから

1500円からのスタートでした。

その後、毎年500円ずつ値上げをしていったのですが、

これまでと同じように約10時間の対話とクライエントさんたちの回復を考えた時、

今年の1時間3000円が相互に限界点であろうと感じます。


相互にというのは、

私たちも皆さまに「伝えたい」と思う情熱と料金のバランスがとれている金額が

3000円という感覚があります。



長々と前置きを書きましたが^^;


特に、これまであなここと共に回復に向けて頑張ってこられたメンバーさんにおいては

料金の限界点を指針として書き記しておくことで、

今後も安心してセッションを受けて頂きたいという気持ちがあります。


そして今年度まで(2014年2月)に、あなここに新しく入られた方は、

来年度になっても1時間3000円設定で続けていこうと思っています。


要するに、今年度までに入られた方は、1時間3000円以上にはなりませんというお知らせです^^

来年度以降に入会された方は、値上げしたお値段になります という事です。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


<料金についての指針>

それでも、あなここは、安いんです。たぶん、どこよりも。。。

1時間1万が、普通の世界のこの業界において、

1時間を3000円にする無謀さ・・・


しかし、上記の<今後の料金について>で説明しました通り


・苦しみの時間短縮

・最低月9時間のセッション(その方の心の状態にもよります)

・あなここの「伝える人」を育成していく


を考えての3000円だと考えて下さればいいかなと思います。


1時間3000円の意味を御理解下されば嬉しいです^^




*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

おまけ

<自分をみつめる>


私には人を救う などの気持ちはありません(・_・;)

「救う」、「救って欲しい」ということ自体が、究極の思考であり、

お互いを不自由にする状態になるからです。


セッションでは、クライエントさんの気持ちを追いかけて

クライエントさんが繰り広げる世界を言葉を使って表現し映し出していきます。

その中で、自分を見つめる作業や整理のお手伝いをします。

私たちは、これを「一致する」「シンクロ」と呼んでいます。


が・・・

クライエントさんが、自分の受けた御苦労や不安を聞いて欲しいのみであれば

「自分を見つめる」という作業は非常に難しいことになります。

訴えは「助ける人」「助けて欲しい人」という依存、共依存へのいざないとなります。

残念ながら、このような場合は自分を見つめるというよりも

他者も自分も見れない状態であることを示します。


あなここのセッションや他のカウンセリングを受ける場合も同じかと思いますが

自分がどの状態なのかを知っておく事は大事かなと思います。


長い文章を読んで頂き、ありがとうございました<(_ _)>
関連記事

| あなここ便り | 17:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>