アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【不登校ひきこもり】お風呂に入らない

お風呂に入らない・・・という話をよく聞きます。

私も経験しているので

ちょっと、昔とは違った観点で分析してみます。


「入らない」と拒絶しているわけではないのです。

気力がないのです。

頭が苦しさで一杯になってる状態なのです。


だから、わざと入らないことを選んでるわけではないのです。


明日こそ入ろうと心に決めています。

しかし、明日になれば、明日こそ、となります。

そして、いつのまにやら、一カ月たってしまっていた・・・


なぜ、そのような現象が起こるのか?


ひとつの自傷の一種ではないかと感じます。

本人には、我慢しているという感覚は全くありません。

しかし、生活の中で、自分の感情を止めていたり

意思を奪われている状態の時、

心が苦しくてしょうがないんです。

この我慢状態が連続している時、

心の苦しさが主体であり、身体を清潔にするという感覚が

次第に欠如していきます。


「自分なんて、どうでもいい」

自傷的な感覚が強いと感じます。

ここに、アピールがあるのかないのかは定かではありません。

(私の感覚では、アピールよりも我慢している状態の連続の先に
身動きできない状態が起こっていると感じます)

恐らく、自分をないがしろにしている、あるいは

ないがしろにされていると感じている時に

お風呂に入らない状態があるのではないかと感じます。

これは、私の感覚ですので、

間違っているかもしれません。

また、幼児の場合、これが当てはまるかどうか

よく分からないのですが、

思春期以降は、ひとつの要因ではないかと感じます。

関連記事

| 不登校 | 12:18 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

お風呂に入らない件

確かに僕もお風呂に入らないという時期がありました。
気力がないという部分もありますが、僕の場合は上手く表現できず、抽象的かも知れませんが「気を緩めるのが怖い」という感覚がありました。お風呂はリラックス、体が緩みます。
とにかく何かに脅えて恐怖を感じていた僕は、お風呂に入って気が緩むのがこわかったのです。
色々なケースがあると思いますが自分の経験を書いてみました。v-7

| miyasakatakuya | 2012/10/08 18:30 | URL |

>「気を緩めるのが怖い」

そうでしたか。
怖い感じ・・・あるのだと思います。

息子が同じ状態の時、怯え続けている超過敏な状態のアンテナが、
負の方向、恐怖ばかりを増幅し受信しているように見えました。自分が緩むことなく見張ってなければ、危険な感じさえしてたのかもしれません。
監視し、監視され・・・そんなことを繰り返していました。
家族が互いに、緩和が許されなかった関係が根本にある気がします。

miyasakaさんのコメント読んで、
お風呂に入れせることにやっきになるよりも
なぜ、入れないのか、多くの人に考えて欲しいと
そう思いました。

| りんりん | 2012/10/08 18:57 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>