アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【アダルトチルドレン】セッションの後が大切

セッションの中で、お互いに交わした言葉は

その時には、???という状態も多いと感じます。

取り違えて、自己流にしてしまったりも多くあると思います。


個人セッションもグループセッションも

その後が大切だと感じます。


「ああ~そっか~」

これは、頭でわかった状態です。


時間がたつにつれて、じわじわと自分の中に浸透していく・・・

こちらが、本物ではないかと感じます。


いくら、知識を得たとて、

自分の思考の癖がわかったとて、

自分の腑に落とすことをしていかなければ

意味がない・・・とまではいきませんが、

お高い料金を払っているのですから

そういう意味では、欲深くなって欲しいと思います。


「がんばります!」という言葉で終わって欲しくはありません。


じっくりと自分と向き合い、腑に落とすと言う作業は、

本当は、実に難儀な作業です。。。

私などは、1つの新しい局面を迎えたら

自分を見つめながら、結構じっくりと考えるタイプです。

長い時は、かなりスパンが長いです。


(昔と違うのは、分かったことで、自分を責めないということは

ポイントかなり大きい)


とある業績の悪い老舗のお店があったとします。

そこで業績を上げるために、コンサルタントを雇ったとします。

しかし、コンサルタントの変革を受け入れることなく

代々受け継がれた伝統を通すことにやっきになるお店側は

結局、コンサルタントの甲斐もなく、倒産してしまうでしょう。

不登校なども、老舗のお店を家庭としてみたら、

わかるのではないでしょうか。

結局、代々受け継がれてきたものを壊すことが出来ない・・・

余計なプライドは、自分を変革することを拒みます。


かつて、日産が外国から社長を迎え、根本から戦略を変えて

売り上げを伸ばしたことを思えば、

過去のプライドは捨てなければならないこと、

今自分が、変わるところはどこだろうと

常にアンテナを張っていくことは、大事だろうと思います。

旧来のものを破壊せずして、新しいものは作れないと感じます。



話は、それましたが、


セッションの後は言葉、心、自分の中の湧いてくるイメージに

耳をしっかりと傾けて欲しいと思います。


特に、わいてくるイメージには、注意深くして欲しいと思います。

湧き上がってくるものは、キラキラしたものだけではありませんから・・・

どちらかというと、心が重くなるようなものの方が多いと思います。

「次から、がんばります!」と言えるほど

自分と対峙するのは生易しくはありません。


じっくりと、ゆっくりと。

あまりに苦しい時は、プチセッションを使って欲しいと思いますが・・・

基本、不登校の親御さんは、

子どもが不登校になってからの、自分探索ですので、

悩み方もよく分からないことも多く、

苦しい状態の耐性が低いという方もあるように感じます。

だから、頑固なほどに、すぐに楽になる方法を求めていこうとされます。。。

みんながみんな、そうではありませんよ。

そういう傾向があるのではないかと感じるだけです。


もしかしたら、ACを古くから自覚して、

ずっと、「死にたい」「私なんかいない方がいい」と

思いつめてきた方の方が、

真剣さと、耐性は強いのかもしれない・・・

これは、私の個人的な考えですが、そう感じます。


でも、どちらにしても、自分を見つめ、越える時の苦しい時の状態の痛みに、

どちらが苦しいというものはありません。

同じように、苦しいものは苦しい。


カウンセリングや、セッションは、自分に取り組む1つのアイテムでしかありません。

持ち帰ったあとが、本当はとても苦しく、

もがく時間であり、腑に落とす時間なのだと思いますが・・・


皆さんは、どうでしょうか・・・


一回で、すっきり、キラキラというカウンセリングは

もろく、崩れやすいことを痛感しています。


関連記事

| AC | 18:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>