アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< 2014-08- | ARCHIVE-SELECT | 2014-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

その時から私はテロリストの道を歩み始めた…に違いない【アダルトチルドレンな私】

面白い記憶を思い出したので長~いけど書いてみます。

小学校2年生・・・

まだ、私が、何もしらない、井の中のかわずッ子だった頃。



普段は、まわりの会話にもついていけず、
ぼーっとして、本を読むのが好きな子供でした。

まわりの親戚が「この子、笑いかた、知ってるのかいな?」と危ぶむほど
大人しい子だったはずでした。

それほど、まわりに興味もなく・・・田舎の学校で同学年が20人もいないような
変わり映えのしない学校生活を毎日を送っていました。

そのころから、本ばかり読んでいたので、テストだけは無駄に良く

こんな私が学級委員という、はっきり言って

人選間違えだと思っていた。

まあ、好きな男の子とペアだったので、ちょっと密かに嬉しかったのは秘密。
そこでは何も間違えは無かったです。

いい子の私は「いい子」を装っていたので、期待に応えねばと頑張っていた節もあります。
いえ、頑張ってました。ばれないように。密かに。
密かに私の居場所だった。

どんだけ、密かにが好きなんだ・・・

ところが、ある日、そこに、その「いい子」を越えるような東京から華やかな転校生がやってきた。

キターーーー

なんとなく、その都会臭い異物が私の世界にやってきた。

むむっ、私の世界が壊される。

やめとけば、いいのに、私は秘密裏に戦いを挑んだ。


ある日、学級会で何かの催しもの決めごとがあった。
季節は覚えていない。

次々と意見が出る。
先生はサクサクと黒板にふむふむと書いていく。

私も、すかさず、手をあげた(・o・)ノ ハーイ!!

まだ、謎の転校生は何も言ってない。

よし、ここは、先手必勝

先に言ったもの勝ちだ

私は堂々と自分の意見を述べた

そして、完璧だと思った


言い終わって、世界を征服したような気分になって安堵したことを
いまだに覚えている。。。笑

しかし、安心したのもつかの間、追っ手がやってきた。

例の転校生が、真っ向から私の意見は、違うと思いますと言ってきた。

しかも、すごく理論的

筋が通ってる

(ま、負けた・・・)

私は反対意見を一回だけ言った記憶があるが、
その意見を言ってる途中で、すでに、転校生の方が正しいと直感していた。

たぶん、私は夢の世界の人情的な意見を述べたような気がする。

私の意見は、あっと言う間に理論派の謎の転校生のバズーカ砲で
あっというまに木っ端みじんにされたのでした

数分の栄光だった・・・笑


惨敗だった

認める・・・悔しいが認める

悔しい・・・

しかし、そんな気持ちをみじんも出さず、

涼しい顔をして、さわやかに「そちらが正しいと思います」と同意した。

そう言わなければ、どんくさい私でもこれは完全に分が悪いと感じた。

内心、屈辱感いっぱいで、イスに座ったことを覚えている。

こんなことは、家庭では、日常茶飯事だったけど、

初めて学校での敗北だった。。。


そして、その謎の転校生とは仲良くなることもなく、

彼女は次の年にまたどこかへ転校していった。


私のリベンジは果たされないまま・・・笑


強烈に残ったのは、彼女の存在より、その理論だった。

私は彼女に負けたのではない、理論に負けたのだ

きっと・・・

そうに違いない・・・

記憶の操作発動。

隙がなく美しく、誰もが納得する、そして、矛盾がない・・・理論

今も思いだしても、砕け散った敗北感の欠片が、心を泳いでいる感じがする。

そして、私は理論は人に勝つ方法だと、始めて知った。

こんなにも、屈辱を人に与えるのだと知った。

(いや、当時の私はすでにもう、ひねていたので・・・)

復讐をするなら、この手しかない←誰にかは、不明だが、当時は父だったはず

小学二年生で、この思考・・・おそろしや

どんだけ、心が荒れていたんだろうと、当時の自分を思い測る。

その後、理論武装で、父に論戦を申し込んだのが

中学1年の夕飯時・・・

はかなくも、テロリストは、木っ端みじんにされました。

あのときは、味噌汁がお椀とともに、顔の横を飛んでいきました。

きっと、力が足りないんだ、私

まだまだ、ずっと足りないんだ・・・

自分の非力を嘆きました


その時から、私の目標は、いつの間にか、自分を守るための理論

あなたは間違ってる、私は間違ってないと

秘密裏に(ここでも・・・かい(^^;))

さらなる理論武装する、テロリスト脂肪・・・ちがう、志望となることになった


絶対負けない、正義

ジャスティス

あこがれの、勝利のパラダイスへの道をまっしぐら

勝たなければならない、

狭苦しい人生を意識的にやりはじめた。

誰にも分からないように・・・

だって、わかっちゃったら、

負けちゃうんだよね(-_-;)

(なんとなく、変なことをしているという意識はあったんだよ)

ん、でも、あの時、言わなかったら、負けることも無かったんだよと

あれこれくねくねと、自分に言い訳しながら


自分を強くしなくちゃ

強くする場所を間違えすぎた痛い私は、その後40年の間

テロリストとして技を日々磨いた・・・

(いや、秘密裏にだよ)


んで、子どもがおかしくなっちゃった・・・というわけです。





あの子、どうしてるかなあ・・・
友達になればよかった・・・・と今は思う。

かすかに、覚えてるハスキーなあの子の声。


勝ち続けるなんて、出来ないことなのに 

勝つことにこだわった日々

勝つことと、心が熱いことは違うんだよ、と誰も教えてくれなかった。。。あの頃

負けても勝っても、あの子と仲良く笑いあえたら良かったなあ・・・

ほんと・・・

勝つ事が人を幸せにするのかと言えば、それはしないことの方が多い

かえって、誰も幸せになんてならない・・・


おつかれさま、私

こうして、数十年の時を経て、私のテロ工作は、全く違う結末を迎えたのでした

父への憎しみを心に持ち続けた子供時代

誰が引き裂いたのか・・・

愛情が欲しかったはずなのに、憎むことで母からの愛情をもらおうとした過去

それを思うと失ったものの大きさに悔しさを感じる

もう、私は勝たなくていいという安堵を抱く



人生は、全てが繋がっている・・・

tero
ずずずぎゃ~~~~~ん
リスの逆襲でかんべんしてやるZE

| AC | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

返事の仕方【不登校】

不登校記事、連打です。

先日のGS(グループセッション)で、相槌の打ち方の話が出ました。

「うんうん」「うん」

↑頷きの言葉ですが

案外と、返事しとけばいい的な

「うん」や

興味があって、しっかり聞いてるよ、受け取ってるよの

「うん」

いろんなバリエーションがあります。

その返された返事の
抑揚で子どもたちは
お母さんの内面を感じて

もっともっと、話したくなったり

もう、いいやと去っていったり

いろんな、態度を示すのではないでしょうか?

この「うん」の中にも、いろいろなコミュニケーションの伝達が行われているのだと思います。

特に、感情が薄いお母さんだと

「うん」にも、感情的抑揚を
入れにくいのではないかと思います。

かといって、大げさな女優になって
返事が上滑りして
内面と言葉が一致しないのも

これも、すぐバレてしまいます。


「うん」の返事ひとつの中には

大まかに分ければ

楽しい、うれしい~という喜びの伝達と


悲しいね、つらいね、
という悲しみの伝達があるのですね。

「うん」という言葉は、結構深いのです。

感情を伴った「うん」は
ダイレクトに子供に伝わっていきます。

案外と分からないのは、お母さん本人だったりします。

ちゃんと、返事をしてるのに…

どうして、子供から

「おかあさん、話を聞いてない」
と言われるんだろう

そんな経験のある方は、

他人がどのような

「うん」

を、使い分けているか

意識して、
見て、体感する練習も必要だと感じます。

返事ひとつで、子供が変わることだってあるのです。

「うん」に自信のない方、

コミュニケーションのうまい人の「うん」を意識してみるのもいいと思います。

反応があると、人は嬉しくなるんです。

どんなに気持ちが悲しくても、

ここにいるよって、

言ってもらってるようで

安心するのです。

それが、「うん」の役割なのだと思うのです。




| 不登校 | 17:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ガソリン切れ【不登校】

「見守っていきたいと思います」

「ガソリンが切れてるから、充電しているのだと思います」


うん・・・これは、よく不登校相談で見かけるフレーズです。

私は無責任アンサーと感じています。


見守ってて(つもり)、自然にガソリンが満タンになることありません。

もし、そうであれば、不登校や、引きこもりは、増えることもなく、

ゼロになるんでないでしょうか。。。

ところが、増え続けている現状があります。


では、ガソリンってなに?

私は、人とのコミュニケーション力だと考えます。

コミュニケーションで、「満足」する積み重ねがガソリンではないかと。


親子のすれ違い、ずれがあること

それがそもそもの、ガソリンが低下する大元ではないだろうか


ところが、多くの親たちは、

コミュニケーションを勘違いしている


さとし、教え、しつけ、一方的思考のおしつけ

新しい考え方、ぐうの根も出ない理論、

子供をねじまげ、

兄弟を比較して、分断し

閉鎖的孤立を作っているのは、家庭。

そうやって、意思を奪われ、領域を散々荒らされ、洗脳された子供たちが、自家発電で

ガソリンを製造できるわけもないと感じるのです。

その事実さえ隠ぺいして

子供が不登校や引きこもりになると

とたんに、いい親やってますモードに豹変し、

証拠隠滅に走る

奇妙な話だ・・・


かといって、ガソリンを作れるようになるようにと

何もせずに、手をこまねくというのは違います

ガソリン製造機器を、子どもから奪ってきたものがあるという自覚があるのなら、

ガソリン製造機器を一緒に、組みたててやる作業が必要

しかし、子どもは、ネジを持っているのに

親も、ネジを手に持って、子供の拒絶に合い、呆然としていたりする

子供がネジを持っているのなら、

親は、ネジに合わせたナットを自然に差し出せるのが

普通の感覚だろう

ちぐはぐな、親子のコミュニケーションのズレが

子供は、ネジを持ってがっかりする。



子供が手にしているネジをしっかり、見てますか?

子供から奪ってきたプロセスを振り返ることができますか?

もし、できるなら、子供に何を返せばいいか

行動も自ずとわかるのではないかと思うのです

そこから、本当のコミュニケーションが始まるのではないでしょうか

| 不登校 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

家族狩り ドラマ

やっと、今期ドラマの

同窓生、あすなろ、それから
昼顔、んで家族狩り

見終わりました。
あ、HEROも、飛び飛び。

あれ、結構見てますね(^_^;)

全部録画で見るんですが
時折、意識がなくなって寝てしまってることも多い。。。


家族狩り、最終回
じーんとごーんと泣けました(•ө•)♡

電車男のあの人、
ほら、あのチームバチスタの
あの俳優さん(名前がー覚えられない私)(´・-・`)の
セリフ、
録画巻き戻して
iPhoneで録音して
あとで書き起こしたいと
準備おっけーね

もうね、書く気まんまん

さあ、いつでも文章に起こせるわよ

という状態を明日まで
生命維持できるかどうかは
わからない

もうね、セリフが命

セリフに惚れる

心の琴線に響いてくるセリフ、

情景に入ってきたときの

じーん、やら

ごーん、やら

ずーんやら

ででーんやら
(だんだん意味不明に…)

セリフを浴びるように
乾いた心に浴びせたい欲求に
かられるんです。

ドラマは言葉の宝庫

表現力を養うには
ACワークなどより、なんぼか役に立つ

と思うほどです

小さな頃、えぬえいちけいの

黒い策略にはまったショッカー化された親のおかげで

ドキュメンタリーしか見てない私は

「あ、そのドラマ、見てる、しってる、面白かったね」

というセリフに

ついぞ縁がなかった。

まるっきり縁がなかった。

せいぜい、

「あ、円周率しってます
下4桁!」
「アフリカのサバンナ、ケニアの動物自然公園、よく見てます


くらいしか言えなかった

お恥ずかしい…

ここにきて、ドラマの面白さにのめり込んでいるところです。

来季のドラマ、

「明日会社休みます」

これは、確実にみます\(^o^)/
綾瀬はるかちゃんが出ますね。
30歳処女の配列多い人生に春がきたloveストーリーなお話

あと、小栗旬が出てるドラマですね(*^^*)

追い追い、情報を仕入れて
いきます(^o^)

あ、家族狩りの話でしたね(^_^;)

近いうちに記事にしたいと思います(^^)

お、おち、どこ(((‥ )( ‥)))

| 雑記 | 22:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

記憶が反転するとき【AC】

セッションが進むと

今まで当たり前として

見えていた世界が

全く反転して見え始める瞬間がある

この反転の瞬間の積み重ねが

思考のねじれを

フラットにしていくんだよね

反転する前は

出口がないように見える

孤立した閉ざされた世界に

扉があるんだよと気づいたとき

光が差し込んだような気持ちになる

しかし、同時に

元に戻りたいという

引き戻しの力も強くなる

それらは、

疑心、正当化、不安、恐怖、おびえ

となって、元いた世界に

強力に引き戻そうとする


ACの回復は

反転と引き戻しとのせめぎあい


あー、そうですかと

数時間でわかる世界ではない

反転に行き着くまで、

地道な行動、

自力をつけていく作業

回復する方向性

そして、エネルギーとなる
見守り続ける愛情が必要なんだ

| AC | 17:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

未来予想図~補完~【不登校】

少し前に、とある会の
引きこもりの子どもたちを持つ親の会に
行ってきました。

御両親たちは、引きこもる我が子のことを憂いていらっしゃいました。

と、書いてはウソを書く事になります。。。ごめんなさい


かと言って本当に感じたことを正直に書けば
傷つけることになります。


代わりに10年ほど前に
かつてわが子が不登校になった時、2箇所訪れたことのある
不登校親の会のことを書いてみたいと思います。

不登校親の会・・・1箇所目

独特の閉鎖的な雰囲気を感じたものでした。
同じ悩みを抱える親同士、
一般世間から外れてしまった我が家、そして
どうしてこうなってしまったのだろう・・・

一般を寄せ付けない
親たちの嘆きで満ちあふれ
その重苦しい場所で
そっと呼吸をしている
そんな雰囲気を覚えています。

主催者の数名は、不登校から引きこもりになっていった
二十歳過ぎのお子様のことを
長年の戦いで
自分たちの居場所はここしかないのだと諦めている
奇妙な腰の低さと
丁寧でありながら
その目は誰の存在もなく
どこか遠くを見つめておられる

そんな印象を受けました。

10年前の私は
本能的に、そのメンバーがみせてくれる姿は
やがてくる未来の我が子の姿になるのではないかと
恐れおののきました。

同時に、会そのものが持つ
空虚さが
私自身の空っぽの心を具現化していることにも
恐れを感じていたのだと感じます。


絶望、あきらめ、しかたない、
子供が動くまで待ちましょう

それは、私の両親の姿であり
私のこれまでの嘆きの生き方そのものでした。


そこは、不登校初期の頃1回で行かなくなりました。

しかし、あの独特の嘆きの場所に取り込まれたくないと思わせてくれたことは
私にとってはいい刺激になりました。

もう一つは、民間のカウンセラーが運営している親の会の講演会でした。

そこは荒削りではあったものの親も子も前向きでした。
一言で言うとポジティブ

不登校を脱したであろう親子のリレー発表がありました。

後から来た人に希望を伝えることで自分たちが前にいける
そのオープンさ
親たちだけの活動ではなく
子どもたちも活発でした。

親たちと子どもを連携させる、カウンセラー、療育者たちの細やかな
支えがあったのだろうと感じます。

私はこちらの方に希望を抱きました。
しかし、おそらく、ここでも親の問題が根深いところは脱落していく人も多いだろうと
そんな気がしていました。

二つの対照的な会でしたが
不登校初期の私には
その後のコンパスの指針を貰った気がしました。

その後・・・紆余曲折あった末に
子どもが定時制高校で少しずつ元気になってきた四年後

ふと、前者の親の会に足を運んでみました。

四年ぶりに訪れた会は、
時が止まったように、
四年前と同じままでした。
誰もがそこにとどまっている
嘆きの場所として、閉じた
静々とした場所であり続けていました。

メンバーも数年前に見た方も多かった。

それだけを確認した私は
会が開かれているビルを出て
都会の喧騒の中に戻り、
なぜかほっとした感覚を覚えています。

数回の中で
たくさんの親子の未来予想図を
見せて頂いた。

良くも悪くも、その時のことが頭に残り続けたことは
先の私の方向性を
自然と決める時間にもなったのかもしれないと、そんなことを思う

私はたくさんの遠回りをしたけれど・・・


未来は変えられる

今、変えようと思った瞬間に

未来は変わりつつある

目にしたこと

耳にしたこと

肌で感じたこと

覚えておいて欲しい


そして、死ぬくらいの思いで

これまでの陳腐なプライドを捨て

行動する勇気

きっと、いつか

本当のプライドと希望を手にするだろう

そのプライドは

暖かさと厳しさを持って

誰かを守る力に変わるだろう

そしてきっと誰かの希望になるだろう

りんりん

| 不登校とAC | 11:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |