アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< 2014-03- | ARCHIVE-SELECT | 2014-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

踊る大環状線 アダルトチルドレンのややこしい思考

もし、あなたが電車に乗っていたとします。


そして、長い時間たっていて、タイミングよく目の前の席が空きました。

はあ~、やっと座れたよ、やれやれ・・・

ん?・・・



お年寄りと見られる人が、よろよろと乗ってくるのが見えました。



うお~、すでにお尻がもぞもぞし始め


どうする?


どうするよ、私?  と自問自答


このまま、寝たふりするか


いやいや、そりゃいかんな



お年寄りが、目のまえに・・・

やばい...


やさしいあなたは、声をかけます。


「どうぞ~」にっこりと


お年よりは感謝の言葉を述べて、座ってくれます。


そして、その後に

くるくると、思考はダンスする



私、いい人

私、とってもいい人

でも、そんなこと思っちゃだめ

いい人だなんて、自分のこと思っちゃだめだめ

私は、そんないい人じゃない

周りの人に、そんな得意げな雰囲気出しちゃだめ

自然にしなくちゃ

そうそう、自然によ

当たり前のことしたんだから


あ~、でも、他の人も譲ろうとしてたのに

他の人のお株をとっちゃった?


ほんとは、あのお年より、

別の席に座りたかったのかもしれない


私が、譲ったばっかりに、

不便な思いをさせてしまったかも・・・



あ~、もう

世の中めんどくさいことだらけだわ

こんなに、あれこれ我慢するくらいなら

さっき、座らなきゃ良かった・・・



私のばか・・・



それから、電車に乗るときは、

よっぽど空いているときしか座らなくなった


めんどくさい思考・・・


はたから見たら、



席譲りました、ありがとう

ちょっぴり、「あ~座っときたかったなあ」

まあ、いっか~



の3行で終わるところを、

ACさん思考でいくと、

上のなが~いプロセスを経て

思考がダンスしていくんですね。



思考が踊る

これを無意識にやり続けていると

ずっと、踊り続けていることになります。

次に電車に乗ったとしても

終わらない脳内ダンスが続いているんです。



これは、幼いころのからの思考。

自分を守るために、終わらせない、常に言い訳を用意しときたい

その名残だと思っていいと思います。

自由のない家庭には、自分を守るために必須の技ですが

大人になっても決着をつけない癖が

自然と身についてる・・・



意識して 終着駅、みつけましょ^^


| AC | 16:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アダルトチルドレン、その段階

あなここ(あなたの心を守りたい)に来られる方の特徴として

私が何十年も苦しんできた
旧ブログ
「歩いていこう」につづってきた経験に共感され

自分を重ねて来られる方が6割くらい。

いまや、飛ぶ鳥を落とす勢いのアメブロのブログ記事から
アダルトチルドレン関係の
ブログをあちこちたどって
来られる方が4割くらい

そんな感じがしています。

そして、旧歩いていこうブログから来られた方は

けっこう数ヶ月単位で
じっと、ブログを読まれている方が多いような気がします。

それは、恐らく

自分の生きづらさに気づき

親との関係のいびつさに気づいたのはいいけど、

過去だけに原因を求めても、
今は、どうにもならない

自分が、変だと
わかっちゃいるけど
この自分の思考の癖は
どうにもならない

散々セミナー、カウンセリング
受けて

散々お金を大量に使った後に

この人←私のこと、回復して
なんだか楽になってるみたい

どうやって?知りたい~
と、希望をもって

再度、読んで下さるというパターンが
多い気がします。

私も、本やセミナー、宗教など
時間とお金を散々使いまくって(^_^;)きたタイプです。
無駄ではなかったのですが
当時、結局、
私のこの難解なややこしい思考の癖は、最後まで
どうにもならなかったんです( ̄∀ ̄)
おそるべし


また、アメブロからのアクセスからは、
AC問題は親との関係の問題と

わかっちゃいるけど、
それ考えるの嫌だ

私は変じゃないもん
でも、なんだか分からないけど生きづらいの

どうにかした~~いヽ(´Д`;)ノ


そんな段階が、多いような気がします。



ちなみに、あなここは、

約1時間3500円(今年4月からのお値段です)
としているので、
これは、破格の値段

この値段に飛びついてこられる方も(^_^;)

なぜ、普通のカウンセリングでは、1時間8,000円~1万のところを
3,500円にしているのか。

実は月に1時間、2時間
カウンセリングしていても
回復しないのを
私の回復の経験上、
痛感しているからです。

一時的には、楽になったような

気がする

気は、気のせいでしかありません。

次の日には、元の思考に戻ってしまっている(^_^;)←引き戻しという言葉をあなここでは使っています。

これでは、意味がありません

私はこの、無駄なことを
散々やってきたので(^^;;
えらそーには、言えないのですが(T^T)
たぶん、本やセミナーで200万くらい、行くんでは・・・(^_^;)
アハアハ

もっと、いくかも(-.-;)ボソッ


話し、戻します(^^ゞ

あなここの4年間の試行錯誤で

個別セッション(3時間以上)

トリプルセッション(4時間以上)

グループセッション(4時間以上)

ピグでの自助グループ交流(無料)

メールでの、やりとり遊び(無料)

インターンによるプチセッション(1時間1,000円)

これら全部を取り混ぜて

月に10時間以上は、話すことになります。

なぜ、そんなにやるのか?


引き戻し防止です

引き戻しは、全てを消去するくらいの力をもっていますので
クライエント様に、
お金を無駄に使ってほしくありません。

求められれば、
卒業まで、これが継続します。

だから、1時間3,500円という
お値段にしています。

そう考えると決して安くはありません



最重要なのは、
自分のために、時間とお金を投資できるか・・・

自己投資と言います

または、自分を大事にする感覚でもあります。

自己投資の話は、また別の機会にでも(・ω・`*)

いつだ(^_^;)←ひとりツッコミ


100年続く幸せを目指して(*^^*)

自分の段階を

色々なブログを通して

知るのもいいかと思います。



【お知らせ】

散々引っ張ってきて、
このお知らせが、1番重要だったりします(☆∀☆)

昨年から動いてきた、出版の件です。

正式に出版社との契約が
決まりました。

木星舎さんという、
福岡←(地元ですが)
出版社さんにお世話になることになりました。

すでに、出版社さんとの
本打ちが始まっています。

7月中旬、出版することに決まりました。

先日の、本打ちで、
タイトルから変えることになりました(^_^;)
柔らかいものがいいとアドバイス頂きました。

Amazonで買うこともできるようにしてくださいます。

新聞広告にも載せてくださいます。(どこ新聞社かは、わかりませんです)
可能性としは、地元紙(西日本新聞社)かなあと予想してます。

んで、皆様には面倒くさいですが、できるだけ
バシバシと書店注文してくだされば
嬉しいです。

私もそのつもりです(*^^*)

なぜ?

書店さんが、注目して下さるからなんですね~
そうしたら、書店さんの印象がよくなって、
注目度あがるらしいのです。

受け売りですが(^_^;)


あ、お値段は、1,600円です。

以上、経過報告でした<(_ _)>

| AC | 10:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

1番になりたい

特別意識が肥大したACさん
とにかく、一番になることにこだわります
抜きん出て一番になることが、

褒められたい

認められたい

私は他の人とは違うのよ

承認欲求を一時的に

満たそうとします。

自分の空虚感を埋めるために、1番をめざす

しかし、満たされた瞬間から

不安がやってくる

誰かに自分のお株をとられたら

どうしよう

あの人の方が私より、

可愛がられている証拠を見つけ出しては、

焦りが増してくる

そして、自分がやりたくもないことを

無理して無理して行動し

「ほめて、ほめて」と繰り返す

自分の「意思」をないがしろにして

相手に尽くしたり、

やりたくもないことを、

「大丈夫です~」「平気です」と口走りながら。


それって、自分の気持ちを無視しているので

段々と疲れてきます。

だって、やりたくないんですから~

楽しくもなく、

ワクワクもなく。


最後に疲れ果てて、

おなじみの決め(捨て)ゼリフ

「こんなに私は頑張っているのに誰も認めてくれない」

いやいや、それはお一人様劇場ですから(^_^;)

しかも、なんかズレてる行動だったり

滑稽な様子に見えるんですね。

小さなころ、
1番になることで満たされ

(注*変な毒親たちは変な価値観を持っているので
子供は変な親の価値観に合わせた変な行動をするんです)

お母さんのいい子をやってた人に多いパターンです。

一番になるためには、

自分だって投げ出せる

でも、物事には、

限界ってものがあるので

頑張っても頑張っても

褒め言葉、承認欲求が

満たされないと

反転して恨み節炸裂なんですね。

それでも、世間が受け入れてくれなかったら

今度は、いじけます。

テコでも、いじけます。

最初は嫉妬から

1番じゃないといやなんだよ~

1番じゃないと、やってやるものか~

やだよ~

それなら、なーんもしない

したくないもん

ぜったい、するもんか~

どうせ、私なんか

存在価値なんかないんだから

やめてやる~消えてやる~

と、段々と脅しに磨きがかかります。

何してもいいんですが

1番へのこだわりは、

あなたの何を満たしてくれるのでしょうか?

お母さんとの人間関係で

学んだコミュニケーションを

そのまま、社会や家庭で再現していませんか?

1番って、誰がどのような枠でもって、

1番と呼ぶのでしょうか…



もし一番になれなかったら、

他の人が(といっても超狭い範囲の交友ですが)

たどり着けない独自な世界を作って、

そこで満足や優越感の

お城を建てるしかありません。

そこで、人を攻撃したり

自分に引き込む作戦を

建てているのかもしれません。


どちらにしても、

さて、自分の意志は

どこへ行っちゃうのでしょうか


自分の意志でもって

自由に生きて行くほうを推奨します

その方が、

はるかに楽しいものだと思うのです。

| AC | 09:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

図々しい人

母は、人付き合いが、
苦手な人だった

親戚、本家の集まりでは
いつも下働きを黙々とする人だった

そんな母を、みんながいじめてると幼い頃思っていた

父は感情を抑圧して社交的でない母に
いつもいらついていた

母を守らなければならなかった私

気さくにニコニコと近寄ってくるおばさんがいた


私は心をかたくなに、

侵入してくる人と

拒絶をしていた

デリカシーのない人


そう、思っていた

可愛がってもらったこともある

お泊りして、従兄弟たちと映画に連れていってもらったこともある
(母とは、一度もない)

海に泳ぎに連れていってもらったこともある
(母とはない)

従兄弟と同じようにプラモデル買ってもらったこともある
(母とはない)

なのに、心を開こうとしなかった

昨年、母のガンの手術のとき、
おばさんもきてくれていた

「○○は、昔と全然かわらないね~」

そう言われた

母が、このおばさんのことを

嫌いなこと知ってるから

必要以上に、緩まないことを

自然にやっていたことに気づく。

今回、母がガンの治療検査で入院したとき

前と同じように
母は、個室に入ることを
かたくなに望んだ

「大部屋の方が、
人がいて楽しいのに」

私は再三、そう言ったけど

人と交わることを極度に恐る母は、
個室の寂しさより、
人との違和感を感じる大部屋の方の寂しさを
避けたかったのだろう

意固地に人を拒絶する母が
悲しかった

人と交わる楽しさを知ろうとしない母を再確認した


話はおばのことに戻るが
おばもおじ(もう亡くなってしまった)も、私をいつも愛情深くみてくれてた。

それを私は、拒絶しなければ
母を守れなかった

ずうずうしく、おしゃべりで、ずけずけしたおば

母の異様な我慢強さと遠慮深さを基準(普通)としたら

小さい頃の私には
おばは、当然そう見えた。

ねえ、おばちゃん、
私ね、おばさんのこと
好きだったよ

大らかで、おしゃべりで
よく笑って、
従兄弟たちと差別しなくて

お母さんとは違う人種だと
私は知ってたけど
それを言ったら、
お母さんが悲しむから
言えなかったんだよ

今なら言えるよ

愛してくれてありがとう
拒絶してごめんね

| 過去回想 | 12:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |