アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< 2013-11- | ARCHIVE-SELECT | 2014-01- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

2014年1月予約受付ます

クリスマス、みなさまそれぞれの家庭で穏やかに過ごされたことと思います。

私は風邪ひきさんで寝クリスマスでしたが~(^_^;)あったかいクリスマス過ごせました。

さて、今年も後数えるほどになりました。ブログアップ率が激減してしまってますが、
細々とですが、セッションで話題になったシリーズはこれからもダイジェストとして、
アップしていこうと思います。
その代わり、あなここで育って下さった方々が
自分の体験としてブログにアップして下さる事が嬉しいと感じます。

心の仕組みの「うっとり」まで具体的に行き着いたことは、これからのセッションのあり方を大きく変える方向性を持つと感じています。

図式化の得意なKちゃんに
お願いして、うっとり相関図を書いて頂きましたが、


わかりやすく、素晴らしいものに仕上がっています。

http://kaysou07.blog97.fc2.com/blog-entry-480.html

自分でイメージ化してみるのは、よりわかりやすく具体的になります。
自分の事例を入れながら、
皆様もぜひやってみてください。
おすすめですよ(^^)/

前置きが非常に長くなりましたが、
来年1月の予約を受付ます。
29日までにHotmailまで、いつも通りにご連絡お願いします。

なお、今年はお正月期間はセッションは入れませんので、
シフトのお知らせは、3日~4日くらいのご連絡になります。

請求明細のお知らせは、
7日を目標設定してますので、
こちらもご了承お願い致します<(_ _)>

プチのみは年末年始やってますので有効に利用して下さい♪
ただし、ご連絡が多少遅れがちになるかもしれません(汗

以上、あなここからのご連絡でした(^o^)

| あなここ便り | 11:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

恐怖感とうっとりの相関図

記憶と感情を阻んでいるもの「うっとり」を図解してみました。

まずは、一般の健全な感情と出来ごとをベースにした図を書いてみました。
かなり、シンプルです。
出来ごとと、感情が直結しています。
普通の人の感情と出来事の処理の仕方
次に生きづらさやAC傾向の方の図解です。
ACフィールド

出来ごとが起こると、感情に直結せず、
無意識に、「自虐」「他虐」「正義感」「いい子」「不幸な私」「美しいものにうっとり」
「弱い私」「やり返したい妄想」「憎しみ」「病弱になりたい」「優しさにうっとり」

その他、もろもろありますが、

感情というより、「衝動」に「うっとり」「ひたる」「ふけってる」という感覚がぴったりします。

周りからみたら、いったいその人の内面に何が起こっているのか
さっぱり理解不能なものです。

衝動的に殺気を出したかと思うと、急にしくしくと泣きながら
うっとりと語りはじめる、あるいは、しゃきしゃきと動き始めるとか、
くるくると起こるので、そりゃ周りはめんくらいます^^;

しかし、当の本人は、全くの無意識の衝動で動かされているので
自分が「うっとり」しているという感覚はさっぱりありません。

私で言えば、宗教やスピリチュアル、あるいは子育てサークル
究極の自己犠牲と宇宙の果てまでいきそうなくらいの偽愛情
犬の究極の介護・・・数限りなく~

麻薬を打ってるようなもんでした。


それは、外部からくる不快を、ACフィールドで遮断していることで
起こるような気がします。
それは、幼い頃、自分の心を守るために、感情を別のところに
避難させていたことから、それが大人になっても
避難させた場所から戻せなくなっていったのだと思います。

その避難を助けているのが、「うっとり」(麻酔薬)するということ。
疑似感情なので、本物の感情と間違いやすいのですが
見分け方としては、記憶と感情が一致しない方は、
この「うっとり」状態である可能性は大きいと思います。
また、うっとり状態になると、始終同じ思考が脳内をめぐっていることも
特徴です。


置いてきぼりにされたハートを、取り戻すためには、
自分の「うっとり」に気づくことかもしれません。

*うっとりの種類は、一般人の真似をしたものもありますし、
反対に、ありえないような突拍子のないものまで多趣多様ですので
自分で気づくには、難しいと思います。
対話による気づきが必要だと感じます。


| AC | 12:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |