アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< 2013-08- | ARCHIVE-SELECT | 2013-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

【業務】お知らせ

会員専用ブログに、あなここからのお知らせを書いています。

10月からの期生グループセッションの料金についての告知です。


よろしくです<(_ _)>


りんりん

| あなここ便り | 01:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

10月予約、受け付けます^^


運動の秋、食欲の秋がきました~

先日、娘が・・・「事務いきたいな~」とつぶやきまして
なんの事務だろう・・・(?_?)

事務違いで、ジムでした(*Θ_Θ*)/
んで、最初だけ一緒にいこうとなりまして
急激にジムに行くことになりました。
ぎっくり腰にならないようお伴しようと思っているところです。


と、つぶやきはこの辺で・・・


10月の予約を開始します。

先月は、初めての 昼、夜のトリプルが混在して
シフトを作りが、わけわかめ~ヽ(@◇@)ノ グルグル

で、修正やら、何やらでメンバー様に大変ご迷惑をおかけしました。
今月は、心を入れ替えて頑張りたいと思います。←たぶん・・・


希望回数、トリプルの希望相手、都合の悪い日を
ジムメール・・・違ったΣ(゜◇゜;)

事務メール(ホットメール)にお願い致します。

期日は、今月は30日までなので、出来れば27日くらいまでに送付お願い致します<(_ _)>


*お知らせ:会員様専用ブログに記事アップしています。
どうぞ、読まれてくださいね^^

| あなここ便り | 21:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

あなここの真髄を書いた不登校の本の原本を読んで下さるモニターさんを一般募集します

【あなここオリジナル不登校本の原本を読んで下さるモニターさん一般募集します】



あなここが始まって3年と半年過ぎました。

不登校の真実を より具体的に世に伝えたいと願い

本を作ろうと思い立ったのが2年前・・・

それから、なかなか 日々に追われてプロジェクトが進まず・・・

やっと、最近その骨子の原本となるものが出来あがりました。

この原本には、私の経験した不登校の回復の道と、

セッションの中で得た、たくさんの人の経験が含まれています。

どの不登校の本より、かなり内容の深い本になっていることは、間違いないと思っています。

これまでにない、画期的な不登校回復の全てを叩きこんだ文章だと自信を持っています。

先だって、セッションを受けておられる会員の皆様には原本を先んじて読んで頂きましたが、

大きな手ごたえを感じています。

今年中には、さらに会員さんの手を借りながら本という形に整えたいと思っていますが、

そのまえに・・・



一般の方が読んでどれくらい私たちが伝えたいことを感じて下さるか、

この機会にモニター募集をお願いしてみようと思います。


先着10名様限定です


モニター資格は、どなたでも結構ですが(無料)

感想文(原稿用紙2枚程度)を書いて下さる方を対象とします。



申し込み方法は、

①ハンドルネーム

②おおよその居住地

③簡単な自己紹介を書いて、こちらまでメールをくださいませ↓↓↓
2~3日中に、こちらから折り返し、PDF版で送付致します。



anakoko@hotmail.co.jp

ふるってご応募くださいませ^^お待ちしています。

読むだけで、どこにもない不登校の真実がわかると思います。


  あなここ本制作委員会&りんりん

| あなここ便り | 18:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今、孤独ですか?

昔書いた懐かしい文章です^^

http://acnokosodate.blog80.fc2.com/blog-entry-721.html

読み返しながら、今はどう感じているのだろうと思いました。


「今、りんりんさんは孤独ですか?」

と問われたら

「孤独ではありません」と答えるでしょう。


今も昔も、さして友達はいませんが(笑)孤立はしていません。

昔の私が「孤独」とひとくくりに思っていたものは、

「孤立することを選んでいた」という状態を「孤独」と呼んでいました。

「孤独」という状態は、簡単に言うと心が閉じている状態。

手を繋ぐことを拒絶している状態。

人に対して、あらさがしをしている状態。

(本音で付き合うということと、本音をぶちまけるということは全く違います)


孤独ではないということは、

誰かと手をつなぎあおうとする行為であるのかもしれません。


ドラマ「WOMAN」で使われています。↓↓↓





| AC | 16:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

あいまいさの罪(文章をリライトしました)

どんな自分でもいいと、言葉では知っているものですが

ある日、何らかの事件が起こり

自分の事を認めてなかったと改めて認識することも多いものです。

人間ってややこしい・・・

受け入れようとしても

なかなかできない私がいる・・

なぜ?

そんな自分にジリジリすることありました(^_^;)


自分が何に縛られているのか

ばくぜん、あいまいとして分からないから

理解しようがないことが多かったと感じます。



やっかいなことに、あいまいなことは、都合のいいように

いつでも、どこでも

コロコロと変化させることができる

これが、またすごく便利な技で

同時に自分が分からなくなる大元でもありました。

自分が悪い人にならなくて済むんだもの

誰かか、悪者になってくれる

私は悪くないもん



かつて、小さい子どもの頃は、

これが自分の身を守る術でした。

でも、たくさんの人と交われば

私のうそやごまかしがバレてしまうから

バレないようにする女優技、いい子技

たくさん使ったものです(^。^;)

今思うと、結構疲れることだと思うのですが、日常的に起こっていると

疲れも感じることができませんでした。

慢性的な肩こりがあったりすると、

肩が凝ってるという感覚をあまり感じないのと同じかもしれません。


バレそうになると、ちょっと悪口を言って人と人を分断させたら、ちょろいものでして( ・_・;)

人と会って話した後はぐったり~

次第に人と会うことは、疲れることなのだという信念に置き換えられていきます。


後々のママ友たちとの、もめ事の主流は、三角関係(*_*;ばかり・・・

あわあわして、取り繕い、

どつぼに、はまることが多発していました。

当時は、どうして三角関係で揉めるのか

運が悪いわ~くらいにしか思っていなくてですね(^_^;)

そりゃね、あっちであいまい、
こっちであいまい、やっていたら
揉めるにきまってると振り返ることができますσ(^_^;

そんなこととは、気づきもできず
当時は、もう人とは深く付き合わないぞと
何度も決意したものでした。


今、どんな人と話していても
りんりんさんは、りんりんさんでしたと
言って下さることは
今の私にとって、最高のほめ言葉です

たぶん、子どもたちや、友だち、クライエントさんと話す時、ほとんど変わらないと思います。

先日、グループセッションに飛び入り参加した息子が、家庭でもセッションでも
お母さん、変わらないねと笑っていました。

あいまいにすることが、激減したから
隠す必要がなくなったということでもあるのでしょう。

どこを切っても、同じ自分のままでいられることは、他者も自分も大切にすることなのかもしれません。

| AC | 18:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

自力をつけること

あなここの指針にも書いていますが

「自分が変わりたい」

そう決めた方をお迎えしています。

では、私が変わりたいということは

一体どういうことでしょうか。

数十年くらい前にACという概念と

ニューエイジというスピリチュアルの

癒し系の流れが日本に入ってきました。

ACの得体の知れない行きづらさで苦しんでる人
たちが、癒やしと合体され、

心の救済へと発展したのではないかと思います。

救済というと、現世利益みたいな

他力本願みたいなものなのですが・・・

言い換えれば、今苦しいのが嫌だから

心安らぐために、癒やしの音楽を聞いてみるという感じに近いのではないでしょうか。(ごまかし)

また、変なものがついてるから、
お祓いしましょ、祈願しましょ、これを身につけましょ、なんていうのもありますが、

このような思考は、自分じゃない誰かのせいで(ご先祖とか水子とか)、自分は不幸なんだという考え方になっていること、案外気づかないものです。

たたりじゃ~とか(^。^;)

一気に、取り払ってもらって、
楽になりたい

そう言うことも生活の潤いや遊びとして
必要なこともあるかと思うのですが、

しかし、多くの心深くに見えない傷を負った人々はこれでは現実は何も変わらず、少しも楽にならないと気づき始めてきたように感じます。

自力って、字の通り、

自分の力 

何かによって、自分の人生が操られてるのではなく、

長年かかって身につけた自分の癖で
単に苦しい現状になってるってことも
案外多いものです。

長年に、わたって身につけた癖ならば、
やはり、その~、

えいっ、やっと ぱっと消えるわけでもなく、ましてや誰かに消して貰えるわけでもなく

自分が動いて、自分が行動して

自分で分かっていく過程で

自力って、少しずつ、心の筋肉がついていくものではないでしょうか。

ダイエットや運動と同じかもしれませんね(^_^;)


穏やかに暮らしたい・・・

人はいつの時代もそう願うものです。

穏やかに暮らすということは、

私のところに、困り事を持ち込まないでくれ、

という他力本願の幻の理想郷ではなく

自分で自分の問題と向き合う力を付けていくことだと思うのです。

自分と向き合うことは、苦しいです。

付いた癖を、認めたくないという

自己防衛か働きます・・・

自分は悪くない


潜在的には、そう思っているので

癖が長年修正できなかった事実があるわけです。


いずれにしても、自分と向き合うのに、

魔法はありません。


自力をつけるのを阻んでいるのは、

私は悪くない、

だから、私は回りに困らされてる(執着)

他力本願ベースのような気がしてなりません。

まずは、自分がそう思っていることを

認めることが、第一歩なのかもしれません。

認めたら、必ず行動が変わってきます。

認められないから、行動が変わらないと言っても過言ではないと思います。


人は変えられません。起こる現象も変えられません。
出会う人も変えられません。

変えることができるのは、自分の心だけ。

そんなこと、思う昨今てす。

| AC | 14:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

本音で話すことと、自分を大切にすること

本音で話す・・・自分をさらけ出す

とても大切なことだと思います。

特にこれまでの成育歴で、自分の気持ちを抑え込んできた方には

必要なプロセスだろうと思います。



しかし、いつの間にか、自分の周りに誰もいなくなってしまった・・・

そんな経験はないでしょうか?

もし、今までそんな経験をしたならば、

その「本音」の出し方を考えてみたらいいのかもしれません。



本音で話す目的というものが、あると思います。


1.憂さ晴らし、八つ当たり
2・意地悪したい(嫉妬)
3.もっと仲良くなりたいから


などなど・・・


小さな子どもが、「くそばばあ~~」と叫んでも
「おまえの母ちゃんでべそ~」と叫んでも
それは、次の日には、一緒に嬉しそうに遊んでいる親子や子ども社会。


もう少し大きくなったら、本音を言える相手とそうでない相手を区別しながら
自分の気持ちを整理していくことを学んで上手に表現力を付けていくのだろうと思います。

が、すっぽりこの経験が抜けている場合・・・

大人でも体験のやり直しが必要なのかもしれません。

が、大人になってから

「おまえのかあちゃん、でべそ~」と単純に行かないところが

難しいとこです。


私は、本音を話すということの根底には

「私のことを知ってほしい」という欲求があると思うのです。

もっと深い根底には、

「さびしい」という気持ち。


でも「寂しい」って何?それって美味しいの?

いつのまにか、「さびしさ」を忘れてしまった背景があるのだと思います。


「さびしい」のに「さびしい」と言えない、思えない。

これほど、辛いことはないです・・・



本音で話す・・・それは自分を語るってこと。

そして、相手との距離を縮めて、よりよい人間関係になっていきたいと

願う行為。


言った自分の言葉の重さを負う覚悟を知る努力が必要であり、

言われた相手の傷に思いやりを示すことができるように努力することも

また、大切ではないかと思うのです。


この人と、今以上にいい関係を作っていきたい・・・

そう思ったとき、本音はとても大切な言葉として

相手に伝わるでしょう。


| AC | 13:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |