アダルトチルドレンからの回復~失ったものを取り戻す~

・°☆”Core Rebirth あなここ”オフィシャルブログ☆.。アダルトチルドレン(毒親・機能不全家庭・コミュニケーション不全・喪失感・依存症)から失った自分を取り戻すブログ

<< 2012-04- | ARCHIVE-SELECT | 2012-06- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

京都オフ会、行ってらっしゃい

皆さんが、何回も話し合って企画された京都オフ会。

やっと、この日が来ましたね。

それぞれのプロセスを通して、

自分の癖を再確認出来たり、新しい気づきを得られた方もおられるでしょう。


今日のこの日に至るまでの心のプロセス

互いを通して感じ学んだことは

これからの宝物になっていくことだと思います。



忘れないでくださいね。

ひとりでは、出来なかったこと

支えてくれる仲間がいるから

乗り越えられたことを。


誰ひとり欠けても、このオフ会は成り立たなかったことを。

自らの足跡に誇りを持って下さい。

今回諸事情で参加されなかった皆様も、

心で参加して欲しいと思っています。


体験が人を変えていく

このゴールデンルールを忘れないで。


では、一泊二日の旅、慈しんできて下さい。

お土産話を楽しみに待っています^^

感謝と愛情をこめて行ってらっしゃい!( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★

| あなここ便り | 01:43 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

●海を歩く~心地よい感覚が羅針盤~

KIMG0232.jpg

久しぶりに娘と近所の海に行きました。

砂がふっかりしたウミガメの来る砂浜を素足で歩く。

少しひんやりする海の水にも、足を浸しながら

海の感触を楽しみながら、しばし自然を堪能できました。



穏やかな時間と、葛藤のある時間。

どちらの状態でも時間は同じように流れていきます。

穏やかな心の状態の時の心から見える景色と

葛藤のある時の心が見る景色は、

凪の時と、嵐の時の海のよう。


凪の海しか見た事の無い人は、

他者の中に、穏やかな海をみることでしょう。

嵐の海しか見た事がない人は、

他者の中に、嵐を見ようとするでしょう。


お互いに、同じ海を語りながら

海の印象は全く違います。

が、その印象さえ分からずに、

自分が思っている「海」を語り続けても

「海」のイメージが一致しあうことはないでしょう。


人間は、コミュニケーションの生き物です。

互いの海の印象の違いを分かろうとすることから

総合的な「海」が、互いに共有されていくのかもしれません。


人の人生もまた

嵐に揺さぶられる小舟から見える風景と

凪に抱かれてゆられる小舟から見える風景は

違う見え方をする。


嵐の小舟は、沈まないことだけに必死になる

恐怖と不安とパニックで自分を守ることが生死の境目。

「どうして、私のことを助けてくれないの?」

心が激しく揺さぶられ、碇も降ろせないでいる状態で、

正しく物事を見る事が出来ないのと同じかもしれない。

不思議と、嵐の海の人たちは、わざわざ自分でトラブルを作りやすい。

なぜなら、ちょっとしたことで、大あらしに感じるからです。

嵐の海に生きていることで本来の80%のエネルギーを奪われます。

あとの20%で、判断をしていかなければならないのです。

あっと、いうまに、20%は使い果たされます。


凪の小舟は、穏やかな水面を、

目指した小島へ、心穏やかに櫂をこぐ。

100%を船にのって、楽しむことをする。


今、自分はどちらの船に乗っているのか

穏やかな海、嵐の海、荒れた海なのか

自分の位置を知ることで、自分が見えてくる


自分の現在地を知らなければ、

羅針盤を見る事は出来ないのかもしれません。



「嵐の海で育った人の常識は、穏やかな人たちの非常識」


「心が嵐の人は、不安や怒りに突き動かされて負の感情を避けるために行動する」


「心が嵐の人は、不信や疑心がベースにある」


「穏やかな人は、安定している」


もし、自分が嵐の海の生まれであったら

自分の多くの感覚が、ズレていることが多いということです。

| 雑記 | 02:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

6月の予約開始します

先日の金環日食、見られた方おられますでしょうか?
今回見れなかった方は、300年後を楽しみにヾ(--;)ぉぃぉぃ
私は残念ながら、雨、雨・・・
といっても、雰囲気は十分楽しめました。

さて、1年の半分が過ぎようとしています。
忙しさに流され、今日という1日が無限に続いているようで、
気持ちは、先へ先へ、身体は、なかなか動かない・・・・
なんて、空回りしている場合もあるのかもしれません。
「精一杯やりきった」感覚を大切に積み重ねていきたいものです。


恒例の予約を受けつけます。

申し込み期限を、オフ会の前日に設定しておこうと思います。
あわただしい中で、申し訳ないのですが
26日までに、パソコンの事務用ホットメールに送付ください。
携帯の方に送って頂いてもいいのですが
毎日多量のメールで埋もれてしまって、見落としがあったり(^_^;)
忘れてしまったり、迷子になったりしちゃいます。
毎回、事務作業の都合上、プリントアウトしてシフトを練っていますので
携帯から送る場合も、PCメルアドへ直接送って頂けたら非常に助かります。


いつもの形式で、
タイトル(6月の予定:おなまえ)
回 数
都合の悪い日か都合のいい日か、明確に記入をお願いします。
トリプルのお相手
互いに話し合って、「今度一緒に申し込もう」という
そんな計画的なものでもOKですよ。

よろしくお願いいたします。

| あなここ便り | 12:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【お知らせ】 ステップ ワン ツー 

6月から新しいカウンセリング及びセッションのシステムを導入します。


2年前にあなここを発足して後、

私たちは月に2~3回+長期契約を原則に少人数制で

1人1人の契約者様たちとじっくり向き合い、寄り添い

悩みの根本解決を願いクライエント様の回復を目指してきました

この2年間、みなさんのお陰で”あなここ”の礎ができたと思っています。

創立から信頼して支えて下さっている皆さまには、心から感謝致しますm( __ __ )m


しかし、”あなここ”の回復プログラムを

もっと大きな裾野の広がりを持って

かつ、時代が求めるライトニーズにも対応していく必要性も感じ、

今回、新しい2つのステップを提供したいと思います。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ステップ1♪

 ワンステップ・カウンセリング


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

担当者:りんりん

どんな時に利用できるの?

「悩みや話を聞いてもらいたい」
「気持ちを整理したい」という方が対象です。


どんな人が利用できるの?

・私たちのブログをこっそり読んで、一度、話してみたいなと
 思ってる方(つω`*)テヘ

あ、もちろん、お悩みもしっかりとお聞きしますよ ← こっちが大切^^

この機会にいかがでしょう?


どのくらいの時間?

90分のスカイプカウンセリングです


お値段はいくらなの?

90分4,500円です。

(5分延長ごとに、250円が加算されます)

カウンセリング終了後、メールにて振り込み先のお知らせを致します。



いつでも申し込めますか?

毎週火曜日と土曜日の10:00~16:00の時間帯の中で

ご都合の良い時間をお選びになって

ご希望の日にちの3日前までに下記メールフォームより事前予約のメールを下さい。


スカイプの使い方が分からないのですが・・・

スカイプのダウンロードで検索をかけてスカイプをダウンロードして下さい。

(ヘッドセットのご用意をお願いします)

ご準備ができましたら、申し込み時メールに スカイプIDをこちらにお伝えください。

*注:当方は、ビデオスカイプは使用しません。
音声スカイプのみの使用です。


また、ワンステップ・カウンセリングでは、次回の予約は致しません。

必ずメールでのご予約の申し込みとなります。

*根本解決を望まれる方には、単発のワンステップ・カウンセリングは向きません。
 従来通りの月3回のセッションをお勧めします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ステップ2♪♪
 わいわい座談会 無料モニター募集


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

不登校の子どもさんをお持ちのお母さんたち(お父さんたちも)

初期の方も、長期化されている方も、

お1人で心細い思いをされているかもしれません。。。

同じ経験、体験をされたメンバーや私たちとお話をすることで

気持ちがちょっと楽になるかもしれませんよ。

みんなでお茶(酒可)でも飲みながら マァマァ、オヒトツ(* ̄ー ̄)_凸”

楽しくお話ししましょ(* ̄▽ ̄*)ノ"

初対面同士でも、仲良く話せるように、

きんたろうお兄さんとりんりんお姉さんが、ばっちりサポート致しますので(^-^ゝ

ご安心ください。

また、HNでの参加なので、個人が特定されることもありません。

ボイススカイプなので、顔が見えることもなく、

安心して パジャマ、ノーメイクで参加できます(*^_^*)


わいわい座談会は、月1回

★毎月15日21:00~0:00に行います

ご参加希望の方は、毎月5日までにお問い合わせ下さいね(^∧^)


☆.。.:*☆参 加 者☆.。.:*☆

担当者MC:きんたろう

アシスト:りんりん

ボランティア: 自助グループ”あなここの会”からメンバー1名

参加募集人数:先着3名様
(過去・現在の契約者様は、ご遠慮ください)

3名に満たない場合でも行います^^

料金は、モニターということで当分は無料で行います。

ただし、可能な範囲で、簡単な感想文をお願いします。

今後の参考にさせて頂いたり、

許可があれば当ブログにて、転載・抜粋させて頂く事もありますので

ご協力、どうぞよろしくお願い致します。<(_ _)>



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ワンステップ・カウンセリング、わいわい座談会へのお申し込み方法

下記のメールフォームをご利用ください。

http://anatanokokorowomamoritai.web.fc2.com/mail.html

  ①ワンステップか、わいわい座談会か、希望される方をお知らせください。  

  ②希望の日にちと時間を第二希望まで書いてください
   (ワンステップカウンセリングのみ)

  ③よろしければ簡単な相談内容を書いてください(守秘します)

  ④HNは、セッション時にご自分が呼ばれたい名前を記入ください
   
  ⑤ご自分のスカイプIDをお忘れなく記入してください


ご質問などがありましたら、メールフォームから

気軽に問い合わせてくださいね。

今後とも、よろしくお願いいたします。


また、従来通りの回復セッションも受け付けていますので

そちらの方も、よろしくお願いいたします。


  by あなここ 

| あなここ便り | 23:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

京都オフ会にむけて~もやもやの処理の仕方~

①まず、自分のもやもや、いじけた気持ちに気が付こう

②もやもや、いじけた気持ちに気が付いたら言葉にして言う練習をしよう

③もやもや&いじけた気持ちの前に、自分が逃している本当の感情を探し出そう

(ここをすっ飛ばしてしまってる場合が90%)

霊・・・いや違った、例:悲しい、怖い、さびしい、がっかり、悔しい・・・など



③次に、この感情の出所は相手の問題か、自分の問題かに分別してみよう

(↑↑ここ、大事ね!)

④もし、自分の感情であれば、自分を納得させるために
 信頼する人に「私は、○○と感じたんだ」と私メッセージで聞いてもらおう
  
ポイント:穏やかな口調で落ち着いて話そう

(訴えと、自分の感情を話すということは違います)

訴えの系の愚痴・吐き出しは、恨みを増すだけです。

感情を話す愚痴・吐き出しは、気持ちが納得してすっきりします。



⑤聞いてくれてありがとうという気持ちで伝えよう


⑥相手の問題だと思ったら?

もし、相手の問題であっても、相手は何ら問題と感じていない場合、

2つの手段があります。

お互いに伝えられる関係であれば、信頼して素直に打ち明けてみよう。

しかし、関係性ができていなかったら、残念ながら相手が気づくまで待つしかありません。
(相手の位置を知るということですね)

それでも、こだわる自分がいたら

それは、その時点から、執着をしている自分の問題になります。


⑦伝えられた時のマナー

誠意を持って伝えられた感情を一旦、しっかりハートで受け止めよう

受け止められる力は、人を見る力と比例します

*不登校のお子様が、親に対して激しい訴えをする時、
冷静に話を聞く姿勢を作っていく、訓練になります。
「言われた、された」と受け止めずに
しっかりと、相手の心の声を聞く練習ですね。


すべてが、自分のエクササイズ。

自分が引っ掛かっている気持ちは、自分の問題として取り組んで行きましょう。

みんなで作る「京都オフ会」になるよう、

1人1人が体験していくことが、自分の経験になり成長になると思うよ^^

(オフ会バックアップ担当者より)

| 雑記 | 22:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

●契約者様へのご連絡

大変遅くなりましたが、

本日、4月分の請求明細をメールにて送付致しました。

お間違いがないか、どうぞ確認お願い致します。

不審な点がありましたら、りんりんまでご連絡ください。

振り込み期限は14日の15:00までとなっています。

お早めに、ご入金下されば助かります。

あなここ@りんりん



これから、あなここの連絡は、こちらで告知致しますので

可能でしたら、ツイッターと連携させていますので、

もし、よろしかったら参加をお願いします。

メーリングリストも考えたのですが、

色々設定がめんどくさいということがわかり、やめました。

ツイッターは、設定によって携帯からいち早くブログアップや、あなここ便りが届きます。

ツイッターの設定は、現在されている方から

お聞きになってくださいね。(T&Mさんよろしく)

>>ツイッターID hiiragirinrin

| あなここ便り | 11:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【AC】分からせたい気持ち

数日前は、スーパームーンでしたね。

お月さまが、とてもきれいでした。

満月の前は自分が抱えている隠された問題が表面に押し出されてきます。

苦しくもありますが、

その気持ちは、もう手放していいんだよという

体のサインだと思っていいかと思います。

苦しさを味わうこともまた、大切なことだと感じます。

さて、4月分の請求書、GWですっかり遊びまわって、遅れています。

明日以降になりますのでよろしくです


やっと、今日の本題です。

私は、ブログを読む時に、興味深く見るところは、

記事ではなくて、コメントのやりとりをじっくり見ています。

そして、ブログの持つ雰囲気ですね。オーラとも言います。


優しいブログ

トゲトゲした空気が流れるブログ

色々な気持ちが流れ込んできます。

個性といえば個性なのでしょう。


私も昔やっていた手法ですが

「わからせたい」気持ちが漂う記事とコメントの交流。


きっと、分からせたい気持ちは

親への「わかって欲しい」気持ちの代償行為なのかもしれません。

「戦っている文章」と個人的には表現してますが

読んでいると気持ちが荒れてきます。


そんなことをしなくても、

あなたは十分、がんばってるよ

自分の「わかってもらえない」苦しさを

自分自身のルーツと対峙することなく、理論で逃していくほど

本心と離れて、どこか遠いところに自分が行っちゃう。


そんなことをしなくてもいいのに・・・


かつて、

たった1人の人と本心をつなげることで

全世界に呼び掛ける必要がなかったことを知った時の衝撃。

自分を大切にして良かったのだと安堵と感動を伝えられた時。

私は、その感動を誰かに伝えたいと思いました。



いろいろなブログをめぐりながら、

幼い子どものおびえと不安の存在欲求の承認を見かけると

孤独の中で助けを求めて泣きじゃくっている子どもに出会います。


本心で繋がりたい気持ちが空回り・・・

宇宙の問題でも、地球の問題でも、国家の問題でも、戦争でも

日本国でも、動物保護でも、原発でも、子育て法でも、女性の地位向上問題でも・・・

求めているのは、叫んでいるのは

「わからせたい」気持ち。

「私は、こんなに頑張ったんだ」


それは、恐れと不安による支配になりやすい。

かつての私自身。

気持ちは分かりすぎるくらいに分かります。


しかし、人の気持ちを真に動かすものは、感動と暖かさ。

理屈や理論では人の心は動かない。

誰もが、自分を理解してくれるたった一人を求めているのだもの。

心を抱きしめてくれる人を探し求めている。


そういう人が、1人でも、2人でも増えていくことが

世の中を変えていく近道ではないかと思っています。


理論でやりこめようとするのは、

宗教同士が、「うちの神様はこんなすごい」

「いやいや、こっちの神様の方が力が強い。そっちは偽物だ」

と、宗教戦争をやっているのと同じ事。

どちらも、自分の神様が真実だと信じて疑わない。

不毛の戦いでしかありません。

憎しみだけが募っていく。

分かってもらえない不全感だけが心を覆い尽くしちゃう。



誰かたった1人、受け取ってくれる人がいれば・・・

いつか、きっと相手の痛みがわかる瞬間がくる。

その時にはじめて、自分のチャイルドを愛おしく思える。



余談ですが。。。

あの時、こうしたら良かった・・・と

過去に引き戻される時もあります。

しかし、あの時、別の選択をしたとしても、自分が変わっていなければ

結果は同じこと。

それよりも、自分が選択したことを今後、どう活かしていくか

今、何をすべきかを大切にして頂きたいなと思います。


皆さんが、誰かのたった1人の存在になれますよう

そんな魂を揺り動かすカウンセリングを目指して

私も前を向いて、一歩一歩、皆さまと共に歩いていきたいと思います。


| AC | 22:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【日々のこと】楽々コンセプト

私ごとです。

最近、買い物やネットサーフィン(死語か・・・)といえば
座イス、テーブル、文具、枕、クッション、お皿、
加えて、携帯ショップめぐり←どうも、携帯や最新機器が好きらしい^^;
かつて、ワープロも真っ先に飛び付いたくちだ(笑)

娘と買い物に行けば
「ほら、お母さんの好きな椅子があるよ」
「お母さんの好きなお皿があるよ」
と、娘にちゃちゃを入れられる昨今。


昨夜、広島から一時帰宅している息子が
私の部屋を見るなり一言。
「動かないで、すべて手に取ることができますって部屋だ」
と、呆れられた。
一目で、私の部屋のコンセプト「省エネ楽々」コンセプトを見抜かれた。

ノートPCは、アームに取り付けどんな姿勢でもPCやれます状態。
右側にはどこでも移動できるコロ付きの動くサイドテーブル←安い2段ボックスにコロコロを自分で取りつけたもの。
左側は、子どものお下がりの机を貰い受け、
手の届く範囲に資料や関連本、文具を収納している。
ほぼ、2畳くらいの広さにそれらが収まっている。

一昨日、長時間座っても腰が痛くならないというちょっとお高いクッションを
一カ月ほど悩んで、ついに買ってしまった・・・

ちなみに、低反発クッションは、長時間には向かないということが
この一年で体感した。
沈み込むので、私のように長時間座る生活の人間には向かない。

かといって椅子というものは柔らかければいいってもんではないというのもよ~くわかった。

最近、腰に負担がかかるのではなく、坐骨に負担がかかっている気がする。
整体でも、同じことを言われた事もあって
あれこれと工夫してみているけれど、両足のしびれが半年ほど取れない。
かなり、危機感を感じている。
そこで、坐骨にかかる圧力を散らす少々お高いクッションを注文してみた。
まだ手元にはないけれど・・・効果のほどはいかに。

続けて、長時間座らずにPCを見ないですむ方法を考える・・・
10インチ以下の小型ノートPCか?(ただし、i5は欲しいところ)
それともアンドロイドタブレット?
どちらも魅力的だ。どちらも欲しいというのが本音だけれど
タブレット>ノートPC という構図になりつつある。

只今、日々バージョンアップをエア連想中^^

二次元オタク化に拍車がかかり、趣味化している気がする。

| 日々のこと | 15:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【不登校】ゴールデンウィーク

すっかり、ゴールデンウィーク疲れをもよおしている私です。

非日常というのは、結構疲れます。

今の我が家は、家族2人しかいません^^;

それでも、あちらこちらの新規オープンのお店なんか

ちょこちょこのぞいて、食べ歩きしてましたが

普段はヒッキーの私なので、人ごみが結構ストレス。


脳みそがすっかり、疲れてしまいました


不登校中の子どもさんのおうちも、

あちらこちらとイベントで盛りだくさんってこともあるかと思います。

目新しいもの、楽しいもの、非日常は、気分を高揚させてくれて

疲れを自覚しにくい状態にもなります。

非日常は、結構な疲れが起こるということ心にとめておいてくださいね。


ゴールデンウィークが終わると、学校が始まります。

行き渋りなどが、始まるのがこの頃に集中しています。

行き始めたら、春の体育祭などが重なると、すぐに過酷な練習が始まります。

心のスイッチを切り替えにくい不登校中のお子様が、

新学期を契機にぼちぼちと行き出して

息切れしはじめる時期でもあります。


がっかりしたり、焦ったり、親の側も揺さぶられる時期ですね。


家族が日常を取り戻すために、

ゴールデンウィーク中のケアを忘れないようにね


月曜日には、お父さんたちは、会社へいきます。

子どもたちが、学校へ行き始めます。

ああ、やれやれ、やっと1人の時間が持てる~なんて思っていませんか(笑)

GW明けの月曜日の行き渋りには、お母さんと子どもゆっくりと

脳の休憩と気持ちの整理をつけるクールダウンが必要かもしれませんね。

休みの期間はあんなに元気だったのに・・・どうして行けないの?

なんて、思わないでくださいね。

行けなくて、当たり前くらいでいいと思います。

自力がない不登校の子供たちには、ゆっくり助走の時間が必要。

お母さんが、不安になって、プッシュしすぎて、

その後、ぱたんと行かなくなっちゃう分かれ目の時期なのだろうと思います。


| 不登校 | 19:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

墓守娘

久しぶりに本を読んでみました。

信田さよ子さんがツイッタ―で、宣伝しておられたので

「母が重くてたまらない」~墓守娘の嘆き~の続編

「さよなら、お母さん」~墓守娘が決断する時~

読んでみました。


読んでいて、救いはあるのか・・・と思うくらいに

愛情という暴力、普通という見えない圧力が、

身体全体に重くのしかかってくるようで

眠れなくなってしまいました。

親子のズレ様は、ここまで救いようがないのだろうかと遠い世界のように感じながら

同時に私と母の間に起こったことが、

ねっとりとへばりついてくる感覚がフラッシュバックして

ホラー映画よりも怖いものを感じてしまいました。



セッションで常日頃感じることの1つに

語られる内容に「私という主語がない」ということが多くあります。

本の中でも同じように、このことが言及されていました。

また、無意識に「私」という主語の代わりに

「世間は」「普通は」と代弁する時

母親が無意識に何を基点に思考をしているのかが明確になります。


本の中でも同じようなことが語られていて

「普通」という見えない抑圧が存在することが絶望的に語られていました。


母親が子どもの為と思い、「良い母」であったことは、正しい。

しかし、真実、誰にとって、良い母であったのか、あろうとしたのか

考えさせられる本ではないかと思うのです。


信田さん自身も、間違いなくAC基盤の感覚の持ち主だと感じます。

「そのままでいいのよ」という救いようのないスピ的な言葉や

幸せを引き寄せる「ありがとう」運動に

どれだけ私たちが迷わされ、誤魔化されてきたのかという内容にも

常日頃からセッションでお伝えしていることと重なり、

激しく頷いて読んだ私でした。

子どもの気持ちが分からない・・・そう思われる方には

お薦めの一冊ですよ。




「私の育て方が悪かった」というセリフを連発して反省したかのような
身振りをするが、内心の根源的自信は少しも崩壊していない。
外向きに「私なんて母親失格で」などと語るのを聞いてそれを信じてはいけない。
自信に満ちているくせに 人の評価が気になるというのが多くのパターンである。


(さよなら、お母さんより)

| 不登校とAC | 09:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>